<< 意外な自分発見 よだれかけ For Wedding >>

別れと旅立ち

今日はお休みだったんですが、受付で働いていたG君が
シドニーに帰るということで空港まで見送りに行ってきました。

ちょっと中性的でおしゃれなG君、彼女とともにブルームに来たのは1年ちょっと前でした。
G君も彼女も受付で働いていたので、私も両方と仲良くなり
私とアンちゃんの進展を話せば、で、あなたたちはどうよ?なんて聞き返したり
お互い相手が同じ職場ってことでちょっとした親近感もありました。

数日前、「G君を見送る会開催」の張り紙がそこらじゅうにはられていました。
それをみて「あれ?G君シドニーに行くの?じゃあ、Aちゃん(彼女)はどうなるの?」
と私が言ったら近くにいたEちゃんが「実は彼ら、別れちゃったのよ。」と教えてくれました。

なんていうか、予想外だっただけに他人事ながらすごいショック・・・。
えぇぇ、別れて欲しくなかったんだけど・・・なんて思っても
つらいのは本人であって、私が何を言えたわけでもなく・・・。

彼らは同じ職場で毎日顔をあわせて働いている仲で
宿舎でも同じ部屋にすんでいました。
これで終わりが来るのってつらい・・・。
2年半ほど一緒だったらしいですが、お互いけじめをつけるために
G君がシドニー(実家)に戻ることに決めたそうです。

この決断、すごいなって思いました。
喧嘩別れというよりも、友達に戻ったって感じで
最後まで空港の送り迎えも「元」彼女がしていたし
彼女は最後まで彼の「一番大切な子」であったのがよ~くわかりました。
彼女は私に「シドニーに行ってかわいくておしゃれな子達に囲まれたら
彼、私のことなんてあっという間に忘れちゃうんだよ、きっと。」
なんて強気なこと言ってましたが、目は寂しげでした。
涙がにじんだ目を大きなサングラスで隠してました。

そんな二人を見ながら、私がこの状況だったら耐えられるかな?と
もし自分が彼女だったら、彼だったら・・・と考えたら胸が張り裂けそうでした。
別れたとはいえ、こんなつらいシチュエーション、乗り越えていた彼女
そして彼はすごいなと思いました。
彼はシドニーに帰っていったけど、彼女はニュージーランド人で
彼女がそのまま国に帰れば、彼とは一生会うこともないのです。

私には突然知った別れだったけれど、彼女がいうには
「もう先が見えてた。こうなるのは時間の問題だった。」そうです。
カップルにはカップルにしかわからない悩みがあったわけで
仲良く見えていてもみなそれぞれ、いろいろあるんですよね。

G君とAちゃん、これから別々の道を歩むのだけれど
早く笑顔が戻って過去を笑って話せるようになる時が来ればいいな、と
なにもできない私はただただそう願うのみです。
[PR]
by billyboo | 2007-05-09 23:49 | 育児
<< 意外な自分発見 よだれかけ For Wedding >>