<< ケーブルビーチの夕焼け 日本VSオーストラリア >>

妊婦にやさしい国(?)オーストラリア

f0020703_202139.jpg

ここで紹介したような、毎週届く妊婦さんと赤ちゃんのためのメールで
オーストラリアでも有名な紙オムツブランド「ハギーズ」からも
なぜか突然「29週~32週の妊婦さんへ」のメールが着ました。

そこでオーストラリアならではのちょっとおもしろい記事発見。

Tip on making work more comfortable(妊婦さんの職場で快適に過ごすヒント)

※出来る限り座ることを心がけましょう。

※予備の椅子を常に用意し、座ったとき足を置ける状態を作りましょう。

※血糖値をあげるため、こまめにお菓子タイムを設けましょう。
 (机の引き出しにすぐ食べれるようなスナックを常時しておきましょう)

※立ち仕事が多く疲れる場合は、常に座れる場所をキープし
 疲れたら無理せず休みましょう。

※外に出る時間を作り、15分ほどお散歩しましょう。

※可能であれば、ランチタイムなどに寝転ぶかお昼寝できる場所を探しましょう。


その他いろいろ・・・

これを日本の会社で、自分の隣の人がやっていたらイヤかも・・・。(笑)
そこまでして働きたいかっ!と突っ込んでしまいそう。
はっきりいって、これ実行してたら仕事にならないというか
周りは迷惑だろうな~と思ってしまうのは私だけでしょうか?(笑)

だって、パソコン打ちながらドカーンと座って予備の椅子に足上げて座られてたら
ぎょっとしてしまうよー。で、机からお菓子とか出してバリバリ食べたかと思ったら
「ちょっと15分お散歩してきまーす。」とか言われて、食堂行ったら横になって寝てたとか・・・(笑)

想像しただけでありえないシチュエーションなんですが
これオーストラリアではアリなんでしょうか?
[PR]
by billyboo | 2008-06-27 20:23 | Pregnancy
<< ケーブルビーチの夕焼け 日本VSオーストラリア >>