カテゴリ:Movie( 6 )

FreeWillyで思うこと2

数日前にここに捕鯨について書いたところ、たくさんの意見を頂きました。
自分の意見を書くことで、他の人たちの色々な意見を聞くことができ
そしてそこから改めて感じたことなどを今日は書きたいと思います。

私が日本人であるのに、鯨を食べる日本の食文化に否定的であるのは
かわいそうだから、という気持ちだけではないことに最近気がつきました。
(皆さんの意見と自分の意見を照らし合わせて気がついたことです。)

日本在住の多くの人が思う「賛成できないけど、反対はしない。それが日本の文化だから」という意見、私がここで意見していることとは違いますが、正直わからなくないです。
私も日本に26年住んで捕鯨について、ここまで真剣に自分の意見をいうことはありませんでした。(考えさせられる立場に置かれたことがなかった、ともいえます)
実際、うちの祖母も鯨を食べてました。(今も食べているかもしれません)
それに対して「かわいそうだよー。」といったことはありますが、祖母に今ココに書いているように熱く語ったわけでもなく・・・。「それが文化」ということにただただ流されていました。

今考えると前回の捕鯨の日記でコメントをくれた日本在住のみなさんと
同じ意見だったといってもいいかもしれません。
そんな私が今こうして「基盤となっている(当たり前となってしまっている)鯨の食文化」について流されずに自分の意見を言い出したかというと、それはきっと今日本ではなく違う国、それも捕鯨に対して大反対の国に住んでいるからなんだと思います。
だからといって「その国の文化に流されている」ということではないんです。

日本を離れて初めて感じる日本の良さ、悪さ。
日本を離れて初めて自分の文化を改めて考えること、自国にいるとなかなかできません。

こちらで捕鯨問題が大きく取り上げられれば、日本大使館・領事館から「反捕鯨派からの脅迫や嫌がらせにお気をつけください」のお知らせがきたり、ショッピングセンターでのGreenPeaceの寄付金活動になぜか声がかからなかったり、アジア食品店でジャパニースソーセージ(日本の粗挽きソーセージ)を買えば「これって鯨の肉なの?」と冗談を言われたり、こういうことって日本に住んでいるとありえないと思います。

日本にいては感じなかった風当たりを、こうして日々感じると
「かわいそうだから食べない派」の私にとって声を大にして「私は違います!」と意見を言わずにはいられないのです。「日本人」というだけで、日本で鯨を食べている少数派の仲間になってしまうのです。(こちらの人たちも日本に対する鯨の食文化に対して、そういった低い知識しかもってない人が多いのも事実で、日本も間違ったことを伝えている部分があって、どちらが悪いとはいえませんが・・・)

日本ではそれほど抵抗なく「私は鯨を食べますよ。」「私の父も食べてます。」と言えますが、この国でそれを言うにはかなり勇気が要ります。私も祖母が鯨だけでなくイルカも食べていたことを知っています。・・・がそんなことここでは口が裂けてもいえません。
自分が「食べない派」だから誤解されたくない気持ちと、変な被害に巻き込まれないための自己防衛です。

場所が変われば人の考え方も変わる。
日本は日本の主張、欧米は欧米の主張がある。
捕鯨がいいか悪いかは人の価値観もあって白黒つけがたいです。
こうして私が、「日本人の私が考え、そして感じる異国での自国の文化」を
ここで書くことによって、また違った立場からの意見を、ここを読んでくれた人に共感してもらえたり、考えてもらえたりしたら本望かなぁと思いました。
[PR]
by billyboo | 2008-01-25 16:31 | Movie

ヒース・レジャー死去

f0020703_21492950.jpg

このニュースにびっくりしたのは私だけではないはずです!!!005.gif

夕方のニュースを見ながら、そうアナウンサーが言っているのを聞いて
「絶対聞き間違いだ」と思いましたが(思いたかったです)事実でした・・・。

初めて彼を見たのは「10 Things I hate about you」という学園ムービーでした。
あの野蛮な感じのキャラクターとは裏腹に、仔犬のような笑顔・・・一発でやられました。010.gif

ネットで彼のことを調べずにはいられなく、検索して見ると
なんと私の大好きなパース出身!!049.gifきたっ!
スビアコの病院で産まれたと知った時は「えぇぇ~あのスビアコでっ!!」と
感激せずにいられませんでした。(スビアコ好きなので)

そんなんで私のお気に入りのタレントに仲間入りしたヒース。(呼び捨て)

どうしてこういう能力のある若い俳優は、早々この世を去ってしまうのでしょうか?
中学生だった頃、リバー・フェニックスが大好きでした。
彼も若くしてこの世を去りました。
小学生だった頃、ジェームス・ディーンの缶ペンがお気に入りで
何をしてる人かもよく知りませんでしたが、その端正な顔立ちに子供ながら素敵だなと
思っていました。そんな彼もよく考えてみれば若くして亡くなってました。

私に見初められるタレントはアンラッキーみたいです。

オーストラリア出身、それもパースという田舎から出たハリウッドスターだったヒース。
パースにいる家族がニュースでコメントしてるのを見ましたが、つらいだろうなぁ・・・。
地元でひっそりと、平凡な人生を歩んでいたら、また違った人生だっただろうと
ヒースにとってどちらがよかったのかわかりませんが、人の人生というものは
奥が深く、それでいて一瞬のうちにコロっと変わってしまう。
自分も悔いのないよう、精一杯生きなきゃな、なんて思いました。

突然の死は本当にショッキングです。

ヒース・レジャーのご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by billyboo | 2008-01-23 21:53 | Movie

Free Willyで思うこと

家にこもりっぱなしの最近の私の楽しみはDVD鑑賞です。

できれば寝ていたいけれど、一日中寝てるわけにもいかず
(というか、眠れず)ボーっとしていても気持ち悪いことだけを考えてしまうので
何か気晴らしに、と思ってDVD鑑賞をしているのですが
最近BlockBusterで安売りしていた「FreeWilly」(8ドル)を懐かしくて買ってみました。
ちょうど1から3までそろっていたので3本購入。
f0020703_2344121.jpg


懐かしいと思って見始めたんですが、見たことありませんでした。汗
たぶん、挿入歌で入っているマイケル・ジャクソンの歌のビデオクリップかなんかで
昔何度も見ていたのを「あの映画を見た」と思い込んでいたらしいです。

結構有名な映画だと思うんですが
シャチのWillyと12歳の男の子Jesseの交流を描いた感動的なお話です。
その後「FreeWilly2」ではシャチのWillyとその家族が住む湾で
大型船から原油が流出し、JesseがWilly一家を救うアドベンチャー的な内容。
これもまた涙無しには見れません。

そして最後の「FreeWilly3」
これが私にとってはちょっと問題作でした。
内容は、海洋調査のアルバイトをしだしたJesseが、Willyを殺そうとする違法捕鯨業者と
戦う、というもの。
オーストラリアでは捕鯨問題はとっても大きくニュースで放送されています。
その時に必ず流れる「Japanese」という単語と日本人の鯨を殺している悲惨な映像・・・。
私はオーストラリアに来るまで、鯨を殺している映像など見たことがありませんでした。
日本では鯨を食べる習慣が昔からあり、今でも鯨料理をだしている地域もあります。

私は絶対食べません。
だって食べ物じゃないでしょ?
これはきっと個人の考え方の違いかもしれないけれど
私は鯨は哺乳類だし、犬と同じく「仲間」だと思っています。
それにそれを食べなくては死んでしまうわけではないでしょう。

映画の中で、捕鯨業をしている父親と、その子供Maxの会話で
子供が父親に「オルカ(シャチ)を殺してどうするの?」と聞きます。
それに対して父親は「ロシアや日本に売るんだよ。高い値で売れるんだ。」
と答えます。その後、父親の部下がシャチを見て「Kujira!」とつぶやき
Maxが「Kujiraって何?」と聞く場面などあります。
見ていてすごく悲しくなりました。
私はWillyの味方なのに、日本という国はこの映画では敵になっている。
日本人すべてがみんな鯨を殺して食べているわけではないんだよ!と
声を大にしていいたい衝動に駆られました。

見終わった後、ものすごい罪悪感。
日本人である私に何かできることはないかと、一点を見つめて考え込んでしまうほどでした。
アンちゃんに「どうしたの、大丈夫?」と聞かれるほど。
「日本人て最悪なことしてる。どうにかやめさせることできないのかなぁ」と言ってみても
なにもできない自分に無力だなぁと感じました。
今すぐにでもGreenPeaceの船に乗って、先頭でマイクロフォン片手に
捕鯨船に向かって罵声を浴びさせたい気分でした。

オーストラリア人はみな、捕鯨問題のあのニュースを見るたびに
日本人はみな鯨を食べている、と思うんでしょうね。
そして日本人の私もそういう目で見られているんだろうな・・・。
私は周りに「私は鯨は食べないし、殺している人たちを見て許せないと思う」
と言っています。でもそういったところで鯨を殺すことをストップできるわけでもなく。

もっと日本で「鯨が殺されていることについて」「他国の人がどう思っているかについて」
TVや雑誌でもっともっと取り上げるべきだと思います。
ホエールウォッチングなんかを楽しんでる日本人観光客を見て
現地の人は何を思うのか・・・日本人は考えたこともないんじゃないでしょうか。
簡単なところから「FreeWilly3」を日曜映画劇場で流すとか
(ポリスアカデミーの続編ばっかり再放送してないで、ってそれは古すぎ?)
鯨鍋とか普通に食べてるグルメ番組を流さないとか
「日本人にとって当たり前のこと」のように洗脳することをやめさせられたら
少しでも国の動きが変わるんじゃないのかな、と思うのですが
そんなの甘いんですかね・・・。
ショックな映像でも、あの重たくて長くて鋭い大きな矢のようなモノで
鯨を一突きする場面、(一突きしても死ぬまでに相当時間がかかるそうです)
老若男女すべての人に見せてショックを味わって欲しい、本気で思います。

話は変わって、このWilly役のシャチ、名前がKeikoなんですよね。
それもオスなのに。笑
なんで日本名なのか気になるところです。

次は何を見ようかな。
もうひとつシガニーウィーバーのゴリラのお話(これも確か泣けるお話だったような)
も買ったんです。これもまた考えさせられるストーリーになりそうです。
ストレスためてる場合じゃないんだけどな・・・008.gif
次回から、お腹の赤ちゃんのためにもリラックスするような
ファンタジーモノでも探してみることにします。
[PR]
by billyboo | 2008-01-15 23:49 | Movie

Terrorists,Killers & Middle east wackos

最悪なDVDを観ました。
その日は、私とアンちゃん休日で、遅く起きたのでタウンでブランチでも・・・なんて
計画してました。
出かける支度をしていると

「ヨシ、これすごいから観てみ!」
とアンちゃんが仕事仲間から借りてきたDVDを持ってきました。
なんか見た目がすっごく怪しい・・・。汗

「これ、違法DVD?」と聞くと
「合法だよ。」という。

どうみても誰かがダビングして裏で売買してるようなケースなんですけど・・・汗
絶対どっかの店頭では買えないであろう代物で
裏に18歳以上じゃないとオススメしませんの注意書きが書いてありました。

観るとか観ないとかいう間に、アンちゃんは勝手にDVDをデッキに入れて再生し始めました。



・・・・・・!!!
・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!!!!!!!

なにこれ!?!最悪・・・!!!!!

もーすんごいグロイ!!!!
私、ホラーとか血がいっぱいの映画とか結構好きなんですが
それってすべてニセモノであって、よくできた人形とか特殊メイクとかだから平気なんだけど
これ・・・・これは全部本物っ!!!!

どんな内容なのかといいますと
イラクとかの処刑(銃殺)を普通に撮影してたりします。
どこの国かわかりませんが盗みを犯したからといって
そのまんま手をナイフで切断されていたり・・・(もう眼を手で覆っちゃいました)
死んだ後なのか生きたままなのかわかりませんが、首が切断された死体とか・・・

もー・・・
どういう感情なのかわかりませんが、眼に涙があふれました。
痛いから?怖いから?悲しいから???

一番頭にこびりついて離れないのがイラクで銃殺された若い男の人。
(たぶんDVDの表紙になってるくらいだから、一番ショッキングな映像なんだろうと思う)

銃殺される人は目隠しをされ、手と足を縛られます。
(ってそんなこと知りませんでしたが、このDVDを観て知ってしまいました)
なので殺される前の彼の表情(普通です)や、動き(これも普通です)
なんかが観れるんですが、この「生きている若者」が一瞬にして死んでしまうわけです。

それも、一発の銃弾ではなくもう何発も・・・
もういいじゃん!!って思ってしまうくらい。

ここまでの映像は何回か同じようなものがDVDに収録されているのですが
何が私の頭から離れないものにしたかというと
銃弾のひとつが彼の顔にあたったんです・・・。
ほっぺたあたりが爆発して、歯や歯茎が丸見えなんです・・・。
それなのにまだ口が動いていたんです・・・。

こういう光景を、小さな子供が普通に側で見ています。
野次馬が一杯います。
信じられない光景でした。

このDVDを観て、ものすごいショックと、あんなことが普通に行われてる国に
自分がうまれなくてよかったと本気で思いました。

アンちゃんが
「すごいショッキングでしょ?友達が精神的に強くないと観れない映像だよっていてった。」
と観終わった最後に言って来ました。
私がこの映像に耐えられる精神的強さを持っていると、アンちゃんは思ったのでしょうか?
これって、いつも見ているホラーじゃないよ!
私達が普段目にすることのない、裏の世界では普通に行われている現実。

オススメしたいDVDではないけれど
この現実を多くの人が見て、世界の何かが変わったらいいのに・・・
と私とアンちゃんはひそかに思いました。

その後、数時間は食欲がなく、気持ち悪さいっぱいで最悪な休日でした。
[PR]
by billyboo | 2006-11-21 10:46 | Movie

Hostel

お久しぶりです。更新さぼってました。

時間がなかったわけじゃないんですが、ブログを書くノリ(?)を忘れてしまって
私、書く時はドバーっと続けて書くんですが、数回放置しておくとそのままになってしまう
だらしないタイプなんです。今日からまたちょこちょこ続けて書いていこうかなぁ~。(明日もお休みだし!)

そうそう、おとといすごい映画(DVD)観たんでさっそく書きます!

仕事がある日は毎日朝5時起きなので、夜寝るのが早いです。
なので毎日夕方のニュースを見て、8時ころの番組を見るともう眠気が襲ってきて
起きていられないくらいお年寄りライフを送っている私にとって
「DVDを観て夜更かししよう!」っていうアンちゃんの提案はいつも却下。

そんなある日、BlockBusterからいそいそと帰ってきたアンちゃんが
「ヨシにオススメなのがあった!」と借りてきてくれたのがこれでした。↓

                       Hostel
f0020703_2045110.jpg


18禁でホラー。クエンティン・タランティーノプレゼンツ(監督ではなくプレゼンツってどういう参加方法?)とかかれていたのと、なんか痛そうなDVDの写真にそそられました。

あらすじは、ヨーロッパにバックパッカーで旅するアメリカンの若者が、若い女の子たちと楽しい時を過ごすことができると噂のスロバキアにあるホステルに向かいます。そのホステルで夢のような時を過ごす中、親友がひとり、またひとりと行方不明になります。

ここからネタがばれるので「ぜひ観よう!」と思ってる方はここから先は読まないで下さい。

===================================================


映画の始まりは、アメリカンの若者がアムステルダムで遊びまくるところからは始まります。
アムステルダムはいろいろなものが合法化されている場所であって、好きな人は大好きな場所ですよね。なんでもありな天国みたいな感じです。
そんな中で「女の子と好きなだけ遊びことができる」と噂のホステルにアメリカンの若者が誘われて行ってしまうんですが、実はそのホステル、バックパッカーをあるものの餌食にするためのおとり小屋となっているのです。
甘い誘いには、必ず何かがありますよね・・・。

スロバキアのその小さな街には、実はある秘密の組織がありました。
それはお金を出せば人殺しが体験できるという「Elite Hunting」というものでした。
バックパッカーはこの組織の餌食になるために狙われて行方不明になるのです。
お抱え運転手を連れて、黒塗りの車で「Elite Hunting」を訪れるお金持ちの中に
「このひとは日本のやくざ(チンピラ?)かな??」と思わせるような人物も出てきます。
日本人のバックパッカーの女の子で餌食にされる子もいます。
日本人(日本語がおかしかったので純日本人ではないと思います)が出ているところが
タランティーノがかかわってる感じがでてました。

この映画の何が怖いかって、もしかしたらこういう秘密組織、本当に存在するかもしれない
と思ってしまったこと。なんでもありのアムステルダム、貧困の激しい未知の世界のスロバキア。お金のためならなら、こういう秘密組織があってもおかしくないです。

人殺し体験をした男が、更衣室で着替えをしているときに興奮気味に
なんかブッチャーで働いてるみたいだよな。」的なことを言ったところが
生々しくて怖かったです。


==================================================

結構痛いシーン満載なので、血が駄目な人は見るところがない映画かもしれません。
特に後半は痛すぎて息を呑みます。
眠気も襲ってこれないくらい目がギンギンになって観てしまいました。
ちょっとこの映画気になる~、観てみたい、という方に
オフィシャルサイトのトレイラーを観てみてください。
そしてBlockBusterに走りましょう!!
(※日本でもビデオ・DVDで出ていると良いんですが・・・タランティーの作品ならありそうな気がします。)
[PR]
by billyboo | 2006-07-01 20:11 | Movie

High Tension

私はホラー映画が大好きで、新作が出ると迷わず借りてしまうんですが
最近あまりに見過ぎで、パターンが同じものが多くちょっとあきあきしてきてました。
私のそそられる映画は「実話に基づいたストーリー」と書かれているもの。
The Texas Chainsaw Massacre」もそうですよね。大好きです。
なんか「こんなことと同じようなことが現実に起こったんだ・・・」と思うと
怖くってわくわくします。

今、BlockBusterに行くとズラ~っと並んでいると思うんですが
最近DVDになったばかりの「Wolf Creek」も実話からのストーリーですよね。
最初に出てくる土地が私の住んでるブルームだってのも驚きでした。
(でも撮影してる場所はブルームじゃない気が・・・)
BlockBusterにいたお兄ちゃんが
「これみたらイギリスからのバックパッカーが減るね」
って言ってましたが私もそう思いました・・・。
怖いですね、あんなことが本当に起こったら・・・
っていうか起こったんですよね?!!?こ、怖いっ!
見ていない人に内容バラしたくないのでこの辺で止めときます。

上にも書きましたが、新作ホラーを借りてもなんとなくすべて同じような内容。
グループで殺人鬼に会って、ラッキーな一人が生き残る系の話。
どうしてどこの国の田舎にも、ああいうやばい殺人鬼がいるんでしょうね?
人の皮集めたり、ろうそくで死体を固めちゃったり・・・
(全て事実ではないですが)

そんな中、最近けっこうおもしろいホラーをみつけたんです。
「実話に基づいたストーリー」の次にそそられる売り文句はR18(18禁)!
R18と聞くとHモノを想像しますが、子供には見せられないほどのむごいホラーも
R18枠に入ってます。
だからけっこうすごいものを見れるわけで、これまたわくわくします。

で、見つけたDVDは「High Tension」というR18のフランス映画です。
f0020703_19134183.jpg

Englishを選ばないとフランス語で始まってしまうんですが
Englishを選んでもフランス人が英語でふき替えているのでなんか不思議・・・。
なんか口と言葉が合ってないのが余計に怖さをかきたてるというかなんというか。

普通に始まって、結構ガンガン殺されていきます。
R18 なだけあって殺され方もリアルです!変な音とかします。
それ以外はやっぱり普通のよくあるパターンのホラーかな、と思いきや
最後に「お!そういう展開かい!」ってひねりがあります。
単なるホラーでなくある意味究極のラブストーリーでもあるんです。
是非是非見て欲しいのでこれ以上は書きません。

この映画は実話にもとづいた話ではありませんが
あってもおかしくないかな、って気がします。

昔、シリアルキラーの本で読んだことあるんですが
日本人男性でフランス人の女性の肉を食べちゃったって人いましたよね?
あの人の話も映画化して欲しい、とひそかに思ってます。

こんなこと書いてますが、実際これが目の前で起こったら
一番最初に気絶するタイプです、私・・・。(笑)
[PR]
by billyboo | 2006-03-07 19:25 | Movie