カテゴリ:育児( 56 )

Face Bookで懐かしいお友達と再会!

最近FaceBookをはじめました!
以前から海外版mixiみたいなもの、ってことは知っていましたが
やるきっかけもなかったんですが、日本にいる友達Nから招待を受けてやってみたら
疎遠になっていた海外のお友達と再び連絡を取るきっかけになり
なんだか楽しくてしょうがないんです!

日本のお友達とはmixiで、海外のお友達とはFaceBookで連絡、近況を知ることができ
便利な世の中になったものだなぁ~としみじみ感じました。

このFaceBookをきっかけに、7年ほど前にパースで知り合って
よく飲み歩いていたスイス人のSちゃんとまた連絡が復活しました。
彼女のプロフィールを見つけたときは懐かしすぎて、楽しかったパースの想い出が
みるみるうちに想いだされて速攻メールを出しました。

Sちゃんはスイス仲間がたくさんいるのに、あえて私をいつも誘い出してくれました。
小さくて細くてかわいくて、私のイメージするヨーロピアンとは正反対な印象で
これほどかわいくおしゃれなら、彼氏もいるだろうと思っていたんですが
意外にシャイで片思いをする男の子に一途だった彼女。
私の馬鹿な話をいつも「話して!話して!」と興味深々で聞いてくれて
もしかして彼女はレズビアンではないのか?と疑ったほど
私に興味を持ってくれたお友達でした。

そんな彼女とも7年間のうちに、知らず知らずのうちに疎遠に・・・。

久しぶりにFaceBookで見かけて、メールしてみると
なんと彼女も今オーストラリア(シドニー)にいると返事がありました!!
びっくり!あの頃の仲間で、まだオーストラリアにいたのは私だけではなかった!笑
彼女は英語力を伸ばすため、去年の終わり頃まで数ヶ月アメリカのボストンに留学していたそうで、今付き合っているスイス人の彼がシドニーでお仕事をしているそうで、それに付き添って観光ビザできているそう。
「ビジネスビザがあればお仕事できるのに!」って悩んでました。

そんな彼女の近況が知れて、なんともはまってしまったFaceBook!
日に日にお友達つながりでお友達を発見して、楽しくて仕方ないです。
昨日はブルームを離れていった友達2人からメールが着ました。
(相手はどうやって私を見つけたのか、まだシステムが良くわかりません 汗)
ブルームを離れて、みなそれぞれの土地で、ブルームでの想い出写真なんかを掲載して
いるのを見るとあの時は楽しかったなぁ~なんて感傷に浸っちゃいますね。

私も離れているみんなに近況を伝えられるように
楽しい写真をたくさん載せていきたいな~と思ってます。
[PR]
by billyboo | 2008-01-30 22:48 | 育児

あけました2008年

みなさん、あけましておめでとうございます!

昨夜は2時頃Barから帰宅。
「あんまり気が進まないけど息子達がうるさいから顔出してくる」
といってBarへ出かけていったアンちゃん父が
私が出向いた11時頃には、今までみたことないほど酔っ払っていて
一緒にダンスを踊らされました。(アイリッシュなの)

その後、車の中で020.gifオエッとやられてしまいまして
私は夜中の2時に、タイマーで自動で発射される芝生の水をかぶりながら
庭で車の中を掃除しました。オエップ・・・。
(昨日はつわりがひどくなくってよかった。)
あんな悲惨なアンちゃん父をみたのは生まれて初めてでした。汗

そんな年越しをしまして、2008年を迎えました。

今日は昼11時頃携帯がなるので起きてみたら日本の母から電話でした。
まずはじめに私が聞いたことは「年越し、なに食べたの~?」でした。
私は起きた瞬間からお雑煮が食べたくて、お父さんの「お雑煮さっき食べたよ」
にはたまらないものがありました。あぁ年越しそばも食べたい。

お正月らしいものは何一つ食べていませんが
今日は仕事もないので一日中PCに向かってブログ書いたりメールしたりしてます。

さっきアンちゃんを仕事に送りに行ったら飲酒運転の検査で車を止められました。
実は昨日も止められて、今日は二度目です。
ブルームは本当に飲酒運転が厳しいです。
というか、狭い街なので必ず捕まってしまうって感じです。
(この間は日曜日の午後2時にやってましたから。)

明日からまた通常な日々に戻りますね。
日本のダラダラしたお正月が恋しいです。
再来年は必ず!お正月に帰国したいと思ってます。

_________________________

今日、いままで行って来た妊婦検診の記録を書きました。
興味のある方は「Pregnancy」から
あるいは12月前半の日記を参考にしてみてください。
[PR]
by billyboo | 2008-01-01 18:22 | 育児

あと3時間・・・

とうとう31日です。

後3時間を残すところとなりました。
今年は結婚妊娠で、私の中の2つの重大イベントがあり
忘れられない年となりました。

来年も引き続きいいこと尽くめの1年になるといいな・・・。071.gif
(エキサイトブログ、絵文字が入れられるようになりましたね。hotmailの絵文字に毛が生えたくらいの、どーなのコレ?って感じの微妙さですが・・・)

今日は一回だけ、吐き気を味わうのみでなかなか調子がいいです。
今からカウントダウンをしにBarに行ってきます。(アンちゃんが働いているので)
もちろん!アルコール無しで「素」で過ごします。
こんな年越し初めてです。

でも去年もおととしも、次の日が朝から仕事だったので
カウントダウン時にアンちゃんと過ごすことが出来ませんでした。
(アンちゃんは毎年年越しにはBarに借り出されてしまうため)
私は明日仕事もないし、今年はゆっくりできるので(あぁコレでビールが飲めてたらどんなにいい年越しか)でもまぁ、お腹の赤ちゃんのことを考えたらビールも我慢できるってもんです。

それではみなさま、よいお年をお迎えください!
[PR]
by billyboo | 2007-12-31 20:58 | 育児

ハネムーン

そうです、あと4日寝ればハネムーン♪

・・・といっても日本ですが。

今回も1ヶ月アンちゃんと日本を満喫してきまーす!!
一応これが私たちのハネムーンです。
結婚式からなんだかんだと忙しく、仕事もやっと起動に乗ったかと思ったら
あっという間に日本行きの時期が来ちゃいました。

あと4日なのにまだスーツケースすら出してません。汗
というか、4日後に日本に行く実感がまったく沸かないんです。
いつも以上に沸きません。たぶん3ヶ月前に家族にもあったばかりだし(結婚式で)
「なつかしの日本!」(て結構帰ってるけど 汗)って感じがしないんですよね。

今日明日は仕事がお休みなので、荷物の準備と
仕事の引渡しに必要なことをすべて片付けて、残りの3日は仕事に集中します。

24日のお昼の便でパースへ行き、ホテルに一泊します。
毎回パースに行くとシティの真ん中にあるホテルに泊まるんですが
今回は、たまには別のホテルを、ってことでノースブリッジ付近のホテルを予約しました。
あの辺りも私が遊び歩いてた頃とはきっといろいろ変わってる事と思います。
新しいBARやおいしいレストランがみつけられたらいいな~。
日本に行く前のパース滞在も楽しみのひとつです。
今回はお友達のアンジェラにあう計画は立てませんでした。
毎回パースに行く時は会う約束をするんですが
彼女はあと4週間ほどで赤ちゃんが生まれるので
大きなお腹を抱えて連れまわしたくないので、来年赤ちゃんが生まれたら
改めて1週間くらい遊びにいけたらいいなと思ってます。
あぁ、もうすぐ産まれるんだ・・・楽しみだなぁ♪♪♪
私が日本にいる間に生まれる予定です。

日本には26日の朝着きます。
今回は1年ぶりの日本。
今回は前回じっくり会えなかった中学の頃の友達とも会いたいです。
久々の日本・・・あぁ、仕事も終わらせて早くまったりとしてたいです。
[PR]
by billyboo | 2007-09-20 00:45 | 育児

電話セールス

たった今、アンちゃん両親がパースで週末を過ごすというので
空港まで送りにいってきたんですが
帰って来てすぐに電話が鳴りました。

家電で私宛に電話が来ることはめったにないので
でないでいようかな~と思ったんですが
今空港におろしてきたばかりのアンちゃん両親が、忘れ物でもして
緊急の電話かもしれないと思い、滅多に出ない電話に出ました。
「Mrs.××(アンちゃん苗字)ですか?」といわれたので
私はMrs.××だけれど、きっとアンちゃん母宛の電話だろうと思い
「彼女は出かけてます」というと、「あなたはどなた?」と言われたので
アンちゃん母の知り合いか誰かかと思い丁寧に「義理の娘です」というと
名前を聞かれ、はじまってしまいました、電話セールスがっ!(汗)

ちょこっとインディアンなまりだったのでもしや・・・とは思ったんですが
案の定・・・ものすごい勢いで携帯電話のお得なプランをまくし立てられました。
相槌をうつ暇もないくらいダダダダーっとひととおり話された後、相手が少し間をおいたので
「私は自分の携帯のプラン(ていったってプリペイドですが)満足してるので
変える予定はないです。」と言うと「いくらのプリペイド使ってるんですか?」と
こういわれたらこう答える、マニュアルどうりなんでしょうね、ひきません。

日本でもこういうしつこい勧誘、電話で何度もありましたが
こっちにきて実は初めてです。
大体家の電話はアンちゃん父がメインで出るので
こういう勧誘が多くて困るということはアンちゃん父が文句たれてて知ってたんですが
自分がターゲットにされたのは初めて。
オーストラリアの電話勧誘はどれほどかと思い、ガチャギリするまえに
とりあえずイライラが限界にくるまでどんな展開になるか戦ってみよう(どんな闘志?)
と思い、「月に一回$30のプリペイド買うか買わないかくらい」と真面目に返答しました。

これまたマニュアルどうりでしょう。
「月$27でOkなプランがあります!」と意気込んで話し始めました。
このプランにすればどれだけお金がういて、どれだけあなたのホリデーが充実するか
これまた相槌打つ間もないくらいにまくし立てられ(インディアンてなんであんなに
早口なんでしょうか?)「どうです?」って言われました。

たった今もらった電話で「どうです?」って言われても
考える時間すらもらえないんですか?私。(ってなにも考えやしないけど)

「いいオファーなのはわかるけど、さっきも言ったとおり自分のプランに満足してるし
そんなに電話も使わないから、月に$27も使わないです。」

といったら「月$19のプランがあります!」(なかなか手ごわいな)
同じようにどれだけお金がうくかを強弱をつけながら、まるでCMのような口ぶりで
「ね!すばらしいでしょ?」なんて言ってました。

そしてこれも日本と同じで間を作らないようにでしょうね、間ができると
私の名前を連呼するんですよ。「XXさん、XXさん、ちょっと待って切らないで!私の話を聞いてください!」っていうたぐいの名前の連呼。(笑)初対面の(って会ってないけど)人にあそこまで自分の名前を何度も繰り返し呼ばれたのは初めてです。
その必死な感じがものすごくおかしくてたまりませんでした。

いい加減、もういいやと思ったので
「じゃ、わかりました。考えておきます。
そのプランに変更するならこちらから電話します。」と言ってみた。

そしたらせかすように、どうしていま決めないの?といいだした。

「今すぐになんて決められません。
今、あなたの話を聞いてる時間もないし、プランの内容はわかったので
ヘルプが必要だったらテルストラにかけますから。」

といったら、「うちの会社はテルストラじゃないです!」とちょっとキレながら言われた。(笑)

電話についての電話の勧誘=テルストラだとてっきり頭から決め付けてた私。
「あ、違うの?じゃ、なんて会社?」と聞いたら
「ウィスパーモバイル」と言われたんだけど、私聞き取れず「へ?ウェストパークモバイル??」とかいったら「ウィスパー!ウィスパー!」とまた連呼。なんか電話口の女性イライラしてました。笑 (ほーんと、どうでもいいからもう)


「あなた電話するって言っても、私の電話番号知らないでしょ?!」
ってなんか突然マニュアルにない展開だったのかテンパりだしました。

じゃ、電話番号教えてください、って言ったほうがいいかな?
それともあっちから私の電話番号教えます、って言うかな?
どっちだろ、なんて考えてたらそんなことは無視されました。
ずれたマニュアルから元に戻そうとしたいのか
またお得なプランのことを機関銃のように話し始めました。

もうこれ以上私も引き出しがないので(笑)終わらせなければと思い
機関銃のようにまくし立てている彼女に、ゆっくり大きな声でまるで子供に話すみたいに

「さっきも言ったように、あなたの話を聞いてる時間はないから
申し訳ないけど今から切りますね。」

といってプチッとボタンを押してバトル終了。

絶対電話口で「Bitch!」って捨て台詞はかれてたと思う。笑
でもこんな礼儀正しく返答してるの私ぐらいだろうな。
みんな普通にガチャっと切ってるんだろうと思う。

日本もすごいけど、オーストラリアもなかなかやるなと思いました。
[PR]
by billyboo | 2007-09-14 19:46 | 育児

Perth

f0020703_1612231.jpg

              朝焼けのパース ホテルの部屋から               



結婚式が終わり、両親、親戚が日本に戻る日に
私とアンちゃんもそろってパースまで行き、3泊4日のプチハネムーンをしました。

両親、親戚は夜11時発の日本行きのフライトまで8時間近くパースでの時間があったので
簡単に時間をつぶせるくらいの観光を、ということでキングスパークへ・・・。
暖かいブルームとはうってかわって寒い!
曇り空だし日差しがないし、結婚式から風邪気味な私はもう寒くてたまりませんでした。
寒かったので、キングスパークからシティまで歩くことに。
歩き出したら上着を脱ぐほど暖かくなり、お腹も減ってきました。

ブルームに来る前に父が「以前パースで食べた分厚いステーキがもう一回食べたい!」といっていたので前回パースに来たときにアンジェラの両親が連れて行ってくれたHog's Breath Cafeを予定していたんですが「BBQの食べすぎでステーキは当分いい。」と父親が言い出したので、じゃなにかアジアンなものを・・・と歩いているとコリアンBBQのアリランを発見!

私が誰の意見も聞かずに(笑)「焼肉が食べたい!!」とみんなにお願い。
みんな賛成してくれてアリランへ・・・。
みな、久々に食べた白いご飯に「意外においしいのね~こっちの白米も」と感動。
お父さんは、出てきたキムチや漬物類と白いご飯で「これだけで充分いける」とかいいながら
ご飯を半分以上平らげてました。(メインはこれからなんですが 汗)

みんなでたらふく焼肉を食べた後、両親、親戚達は、私とアンちゃんが泊まるホテルからタクシーでパース空港へと向かいました。
私たちも空港まで送りたかったんですが、母親が「大変だから、ここでいいから」というので仕方なく、そこでお別れ。大人数だったし、タクシーに空港までの値段を聞いたりしてあげて(ボッタクられないように 笑)少し慌ててたので母親はそれに流される形で、タクシーの中へ・・・。そのおかげか涙は流していませんでした。またオイオイ泣かれてしまうのかなと思って心配だったんですが、よかった。

私とアンちゃんはそれから3日間、のんびりとパースでの休暇を味わいました。
今回はなにをしたかというと、メインはやはりショッピング♪
金曜日、土曜日はシティで。アンちゃんは約束していたPS3を購入。(ホテルでもやってました)私は寒さに負けてコートやマフラーなど。(ブルームじゃいつ着るんだろう??)パース、最近おしゃれな人が増えましたね。道行く人も個性的になってきたような気がします。

日曜日はスビアコマーケットへ久しぶりに行ってきました。
スビアコほんと変わりましたね~。大きくなってて昔の古びたマーケットのイメージが消えてました。(中は変わりませんが)そこでスカートを購入。サリでできたもので、ドレスとしてもロングスカートとしても4通りほど違った形で着れるかわいいものです。アンちゃんママにもお土産として違う色を購入。

買い物にも疲れたので近くのBARへ。
なんてBARだったかな??そのまんまSubiacoBarでよかったのか、素敵なBarでした。
おおきな古い建物で、レストランとBarのエリアに別れていて、イメージ的にComoHotelっぽいイメージ。広い空間におしゃれなインテリア。
f0020703_1604095.jpg

f0020703_1631975.jpg

f0020703_1641731.jpg


パースに着てからブルームでは食べれないアジア系レストランばかりいきました。
コリアンBBQ、ジャパニーズレストランでいくら丼と梅酒、テイクアウトの稲荷寿司などなど・・・でも三日目にして「ボロネーズが食べたい・・・」とアンちゃんと二人でイタリアンレストランを必死で探しました。笑 ノースブリッジにあるお店にいったんですが、サービスの早さにびっくり!日本並みでした。(さげるお皿のスピードも、デザートのメニューを持ってくるのも早すぎてちょっと落ち着かないくらいでしたけど・・・汗)

3日間のパース旅行、結婚式が終わってから2人きりになる時間も、ゆっくりボーっとする時間もなかったのでかなりゆっくり過ごせて楽しかったです。
この3日間のホテル滞在費は、気の効く同僚3人が持ち寄って前もって結婚式のプレゼントにと、その日のバウチャーをカードとともにプレゼントしてくれたんです。「パースにいつ行くんだっけ?」と再度聞かれたので何でかなとは思ったんですが、こういうことだったとは、とってもとってもうれしかったです。

パースを後にして、ブルームに戻ってきてその日に風邪はどこへ行ったのかと思うくらい、一気に治りました。心配されてた母親に電話で「あなたにはブルームの気候があってるのね~」といわれてしまいました。

久しぶりのパース旅行、たのしいものになってよかったです。
[PR]
by billyboo | 2007-07-13 15:30 | 育児

結婚しました

f0020703_1595824.jpg

・・・なんてちょっと年賀状っぽくなっちゃいましたが
2007年7月7日、私とアンちゃん6年のお付き合いを経て、とうとう結婚いたしました!
ドンドンパフパフ♪

式、やらないにしようかな・・・なんて言っていた私でしたが、50名近くの参列者に見守られ(私的には)かなり盛大な式となり、いまとなっては「やってよかったな」の一言に尽きます。

式は午後3時半に始まりました。
場所は眺めのすばらしいHover Craft Baseどんな眺めかと言いますと・・・
f0020703_15265136.jpg

こんなですっ!こんな風景がバックグラウンドであれば、もうなにもいりません。
アンちゃんと、ベストマンであるアンちゃん兄と弟の3人が、お客様をお出迎え。アンちゃんの親族はイギリスから5名(注:アンちゃんはイギリス人です)、オーストラリアゴールドコーストから3名、そして私の親族+お友達計8名が日本から、そして妊婦にもかかわらず家族、彼を引き連れてパースから式に参加してくれたアンジェラ、そして地元の友達多数に見守られながら式は始まりました。
f0020703_15365155.jpg

初めて乗ったリムジン。
これで私はブライズメイドの2人と、私の父の計4名で入場。

緊張気味な父と、余裕をかましながらにこやかに笑う?私。
(実はドレスのすそ、踏みすぎて焦ってます。父も私のドレスのすそばかり気にしてました。汗)
f0020703_15391947.jpg

本当に、緊張するまもなく式は始まり、誓いの言葉をいい、指輪を交換して誓約書にサインをし、私たちは夫婦となってしまいました。
みなにハグとキスをされ、アンちゃん家の一員となったことを喜ばれ「結婚するっていいことだな~」ってなんだかうれしい気持ちになりました。結婚はゴールではなく新しい人生の門出だな、と。

シャンペンで乾杯し、みなと記念撮影をしてから、ブライダルパーティー(新郎新婦、ブライズメイド、ベストマン)はリムジンに乗って写真撮影ツアーへ・・・。
ブルームでの結婚式だから、撮影場所はらしい場所でということで、私が選んだのはギネスブックに載っている最古の野外映画館Sun Pictures(今、過去のブログを見たらSun Picturesのことを書いた日記がありました。(ココ)そして私、ひそかに「ここで結婚式の写真を撮りたい」とつぶやいております。まさか実現するとは・・・。)そしてブルームで一番最初にできたお店、ということで今でも残されている古めかしい倉庫(本当に古くって、なんでそんなところで撮影?と思われそうな風で飛ばされてしまいそうな倉庫ですが、写真で撮るととてもアーティスティックでいいとフォトグラファーにすすめられました。)と、夕暮れ時のケーブルビーチ。

日が沈んでしまう前に急いで撮影現場へ向かいました。
リムジンに乗りながらもすきっ腹にシャンペンなので、みんな軽く酔っ払ってました。(笑)
というか、みんなテンションが高かったです。式が終わった安堵感でかしゃべるしゃべる!
普通じゃ、そんなことでそこまで盛り上がらないだろ、ってことで大盛り上がり。

そんな中、写真撮影は無事終了。
観光客が多いシーズンなので、オーディエンスがそこらじゅうにいてみんなからおめでとうを言われました。(喜)できた写真をここですべて公開したいくらい、とっても素敵に仕上がりました。(見せられないのが惜しいです)私ではなく、ブライズメイドちゃんたちですが素敵な写真があるのでお見せします。
f0020703_16112428.jpg

沈んだばかりの夕日で空が幻想的です

そんなことをしてる間、参列者の皆さんはこの赤い2階建てバスに乗ってプチサンセットツアーへ・・・。(私もクリスマスに乗りました~。詳細はココ)
f0020703_16144622.jpg


そして披露宴は、私の職場でもあるホテルのプールサイドで6時から行われました。
f0020703_1711944.jpg

ブルームらしくバオバブの大木の前で・・・

結婚式のカラーがということで、アンちゃん母がテーブルセッティングから会場作りまで、すべて行ってくれました。(地面に落ちてるゴミはなに?と思った方。この写真ではよく見えませんがフランジパニです。笑) 実はアンちゃん母、以前働いていたホテルで毎週末3件ほどの披露宴が行われており、式場作りのプロと化しています。シンプルだけど、印象深い物がいいという私の要望をすべて聞き入れてくれました。結婚式数日前にひざを痛めて(お皿が割れてしまったそう)松葉杖状態だったにもかかわらず、結婚式が終わるまでは休んでられない!といろいろなことを準備してくれました。本当にありがたかったです。(がんばりすぎて、いまだに松葉杖です。汗 申し訳ない!)

私の家族、親戚は披露宴では浴衣に着替え、日本をアピール。(笑)
イギリス側のみなさんから写真をいっぱい撮られていました。
うちの両親も今回はとってもがんばってました。母は去年から英会話に通いだし、以前来たときよりもものすごく積極的にみなとコミュニケーションをとろうとしていました。
父も、母が英会話の先生から教えてもらったスピーチ用の手紙を、披露宴でみなの前で読みました。短いスピーチでしたが、父にしてみればかなり大変だったと思います。
それと怖いものしらずの私の叔母、彼女も英会話を勉強しているんですが、私もスピーチをすると暗記してきたスピーチをみんなの前で堂々としていました。(感謝!)

こんな両親、親戚のおかげでイギリス側の親戚からは「一生懸命コミュニケーションを図ろうとしてくれて、なんて素敵なファミリーなんだ。」とお褒め言葉を頂き、「なにも日本語でしゃべれない私たちが情けない。」と私の母や叔母から日本語の挨拶を教わったりしていました。
お互いの家族、親戚が国境を越えて分かり合おうと歩み寄る姿が、本当にほほえましく、ありがたい気持ちでいっぱいになりました。
両親から「billybooが温かい家庭で優しい家族と過ごしているのを、間近で感じて本当に安心した。」と言われそれが一番私の中でうれしい言葉でした。両親がいつまでも遠い日本で不安で心配でいられると、私も罪悪感でいっぱいになってしまうからです。

なにはともあれ、式に参加してくれた皆様、本当にありがとう!
特に遠く日本から来てくれたみんな、(ここを読んでるそこのみほちゃん)本当に本当にどうもありがとう!みなの祝福を無駄にしないよう、これからもアンちゃんとがんばっていきますので、応援してくださいね。
f0020703_1654134.jpg

[PR]
by billyboo | 2007-07-07 14:41 | 育児

Hen's Night

f0020703_0583013.jpg

昼間12時半に、日本から結婚式に参列してくれるみなさんを迎えました。
両親、姉、姉の旦那さん、叔母さん2名いとこ1名、そしてブルームで仲良くなったMちゃんの8名。遠く遥々日本から飛行機を乗り継いでブルームまで着てくれて、本当にどうもありがとう!!!空港では赤いレイでお出迎え。恥ずかしい思いをさせてごめん!

その夜、私たちの結婚式第一イベントといえる「Hen's Night」(ヘンズナイト)は始まりました。
ヘンズナイトとは、独身最後の夜を女性だけで過ごす、いわば飲んで騒ぐパーティーです。男性側もスタッグナイトといって男同士で好き勝手やるのですが、パーティーを企画するのは私たち結婚するものではなく、周りのお友達なので、どんなことが企画されているかは当日までわかりません。お決まりでは出張ストリッパーを雇ったりするんですが、なんせ日本から来た私の家族親戚も参加なのでキツイのはやめて欲しいとだけ伝えておきました。(汗)
場所は私の自宅で、夕方6時半から始まりました。

そんな私のヘンズナイトは・・・贅沢な気持ちにならナイト!と勝手に題名をつけましたが、何が行われたかというと・・・
f0020703_1142620.jpg
■ネイル■出張ネイリストのAちゃん(実は彼女、仕事を2つ持っていて、エステティシャンと夜はホテルのレストランでウェイトレスをしているのでお友達でもあります)さすがプロは違いますね!手際がいい!プロの人にネイルをしてもらうのは初めてだったんですが、こんなテクニックがあるのね~(割れた爪を修正する等)感心しっぱなしでした。式のためにフレンチネイルをしてもらいました。
f0020703_132362.jpg
みな、周りでかじりついてみていたので「こんなに見られながら仕事するの初めて」とAちゃんも少し緊張気味?でした。さて、ネイルが終わったら次は・・・

■フットマッサージ+ペディキュア■
f0020703_1411830.jpg
足のマッサージって気持ちいいですよね~。「足がきれいね」と言われたのでどういう意味のきれいなのかと聞いたら、足のかかとがガサガサしてなくてきれい、と言われました。そういえばこっちの人たち、裸足で歩いてることが多いから(家の中でも外でも)結構かかとが「ゲッ!?」って感じの人います!銀行の列で待ってたとき、ふとカウンターで用足ししている人たちのかかとを見てしまったときはびっくりしましたもん。きれいな格好してるのにその足は・・・(汗)って感じでした。それに比べれば私の足はきれいなもんです。(笑)
足も手と同様フレンチにしてもらいました。ナチュラルな感じでペディキュアのフレンチもいいもんですね。
そしてお次は・・・
■フェイシャル■
f0020703_155231.jpg

もうされるがままでこのまま寝てしまいたいくらいでした。気持ちよすぎっ!
私がこうしているあいだにも、アンちゃんママの手作りフィンガーフード(もうプロ並みっ!うちのお母さんが感動してました)やお友達がひっきりなしに持ってくるカクテルで、お腹もいっぱい・・・。

時間はあっという間に過ぎ、最後の甘~いチョコレートとマシュマロ(チョコレートとバナナバージョンも有り)のフォンデュと、2次会へのお色直し?が始まりました。
f0020703_203884.jpg
右の写真の首からかけているものは2次会へ行く人だけがつけていて「ヘンズナイト中。自己責任でお近づきください。」と書いてある手作りタグ。友達が徹夜して作ってくれたものです。ありがとう!!
ヘンズナイトでは誰がブライドかわかるように派手な格好をさせられます。それで街へ繰り出すのです。まず私が着ているピンクのTシャツ(ヘンズナイト前にブライズメイドからもらいました)にはすでに「Bride」の文字が入っています。それプラス、いろんなものをくっつけさせられました。
f0020703_26544.jpg

写真を大きくして載せたかったんですが、顔隠しのための目に線を入れるととっても怪しい写真になってしまうため、小さめに顔をわからないように載せました。(ぼかしを入れる機能がが欲しい!)
でもこれでは私がどれで、何をつけてるかまったくわからないと思うので拡大写真参照。
f0020703_3203884.jpg

これ以外にも、ピンクのエプロン、料理用ミトン、ダスター、主婦はゴルフができないと、ということでおもちゃのゴルフ用品・・・これらを全部ひっさげて2次会の行われるタウンのBARへ・・・。

BARでは仕事で1次会にこれなかったお友達が、1次会では渡せなかったとってもハレンチなおもちゃを袋いっぱい(汗)プレゼントしてくれました。お土産に持って帰りたいという姉に、数個おすそ分け。(笑)派手な格好をしてるのでBARの店長に「ブライド?ちょっときて」といわれ、なんだろーと思っているとショットを3つも注がれ・・・(飲めねぇーっ!)3つはつらいので2つで折れてもらいしっかり頂きました。
それからは2つのBARを行ったり来たり。周りの知らない人からも「Congratulations!」といわれ、最高にうれしい夜でした。結局朝の4時半(BARの閉店時間)まで騒ぎ、そのままの勢いでブライズメイドのおうちへ行き、ベッドで寝ていたブライズメイドの彼と、14歳の弟の部屋に忍び込み、ベッドにダイブ(数回)して終了。
f0020703_3102666.jpg

↑これはヘンズナイトの2次会で撮った写真。なんの修正もしていないのにこの色。で、蛍光色だけ色が出てます。なんかとってもいい感じなので気に入ってます。

友達に車で家まで送ってもらい、スタッグナイトで大騒ぎし、家にまだ帰ってないであろうと思われたアンちゃんが、珍しく先に家に帰っており、私の帰りを待ってました。(びっくり!)

酔っ払っていたけれど、いい具合に酔い、ぐっすり眠った後は二日酔いもなく、すばらしいヘンズナイトを迎えることができ出だしOK!
さあ、次は本番の結婚式ですっ。ドキドキ・・・
[PR]
by billyboo | 2007-07-05 00:51 | 育児

ネームカード

結婚式まで後数週間です。
毎日のように周りから「あと○○日だね!」「準備は順調?」と聞かれるたびに
なぜかものすごーく焦ります。
やり忘れてること(人生にでなく、式の準備ね 笑)があるんじゃないかと
当日慌てふためく自分を想像して怖くなってます。

今まであまりブログで式のことを話してなかったんですが
式のテーマはダダダダダダダァー(ドラム音)ずばりモダンアジア

日本的なイメージだけでなく、ブルームの土地のような
いろんなアジア(チャイナ、インドネシアなど)をテーマにしてます。
ブライズメイドのドレスも「どこかのアジアの民族衣装」というコンセプトで
黒いドレスを私が色々付け出してそれっぽく仕上げました。
(いつかここに写真が載せれるといいんですが・・・)
自分のドレスより、彼女達のドレスのほうばかりに凝っちゃってます。

手作りしてるものがいっぱいあるんですが、これはテーブルの上に置くネームカード。
f0020703_2055186.jpg

この裏側には日本語(カタカナ)で名前が書いてあります。
最初、招待者の名前を漢字で!と意気込んで当て字をしていたんですが
「ジェニファー」であっさりつまずきました。
どう探しても「ジェ」がない!「ジョ」(序、除、所)や「ジュ」(寿、授、樹)だったらたくさんあるのに・・・。
「ジェ」だけじゃなくって「ファー」もないし。

とりあえずジェニファー飛ばして、次「ピーター」
う~ん、ピ・・・。ピってこれまたないですよッ!
もうこの際「池畑新之助」って書いてやろうかと思ったけれど
この土地で誰が私のボケをすくってくれるだろうか・・・

・・・・

この案、却下。
ということで嘘偽りのない、カタカナで漢字好きの外国人にはつまらないかもしれませんが
少しでもアジアな雰囲気を味わってもらえれば私は満足です。

そんなこんなで、なんとか準備してます。
もう少ししたら仕事もお休みにはいって、本格的に結婚式の準備に集中します!
もうドキドキです。
[PR]
by billyboo | 2007-06-26 20:39 | 育児

ヒザガイタヒ

もうずーっとなんですけど、右ひざが痛いんです。

1年半くらい前から痛くなりだして
原因はよくわからないんですが、たぶん自転車通勤していた時に
おかしくしたものと思われます。
日本に帰国した際に接骨院で電気治療に通ったり
車通勤にしてから痛みが消えたと思っていたんですが
すごく疲れたり、歩きすぎたりするとすぐ痛くなるんです。

痛くなり始めたころ、病院に行って診てもらったんですが
「マラソンランナーがよくなるやつだね」っていわれました。
マラソンもしてないのになぜ??
で、治療法はひざの上に筋肉をつければ、痛さが半減する、ということで
毎日簡単なエクササイズ(足上げ運動みたいなもの)をやるようにいわれました。
でも長くは続かず・・・でも痛みは引かず・・・

で、最近また痛み復活。

昨日、仕事先に少しでも楽なようにと、サポーターをして行きました。
一応肌色の目立たないサポーターなんですが、私の肌には全然合っておらず(汗)
目立ちまくりでみんなに「どうしたの?」と聞かれまくり!
職場のみんなだけでなく、泊まってるお客さんからも聞かれる始末。
仕事が終わってタウンに用事に行けば、そこでもお店の人から「どうしたの、ひざ」
と聞かれ・・・・。泣

「1年半前に自転車に乗ってたときに痛めたのが、いまだに治らないんです」

って板に書いて首からかけておきたいくらいでした。もーほっとけーっ。

そんなんだったので、今朝は痛かったんですが、つけてくのやめました。
サポーター、あなどれません。
ないとやっぱり負担がすごい。
折れてるひざが、反対側に折れるんじゃないかと思うくらい
歩くとなんかコキっとするんですよね。あぁやっぱサポーターしてくればよかった・・・

なんて思ってたら、今日はみんなから「あれ?ひざよくなったの?」の質問の嵐・・・。
なんだよ、これなら普通につけてくればよかったょ。

これからシャワーを浴びてサロメチールでも塗るとします。
[PR]
by billyboo | 2007-05-18 17:39 | 育児