カテゴリ:育児( 56 )

意外な自分発見

人間みな個人個人、体つきが違うわけですが
体のパーツでずば抜けているところってあると思うんです。

たとえば、他の人より足が長い、とか
色が白い、足がデカイなど・・・

私、そういう身体的特徴がまったくないとずっと思ってました。
もうほんとうに何もかも「並み」で・・・。

でも最近、30歳にして初めてわかったことがあります!
私は普通の人より肩幅が広い!!
・・・って、そんな声をあげて皆さんにお伝えすることじゃないんですが・・・。汗

なぜまたそんなことを今頃?とお思いでしょう。
結婚式で着るドレスをオーダーするのにサイズを測ったんです。
私以外に2名、ブライズメイドとなる友達の分も平行して一緒に測りっこしました。
2人とも、私より背も高いし大きいし、胸もおしりも私と比べるとかなり上回ってます。
しかーし、肩幅を測ったらなぜか私が一番長かった・・・。
どうみても、私が一番小柄なので2人とも信じられない様子でもう一度採寸。
やっぱり私が一番長い。

でもそう見えないってどういうこと?
周りから「billybooちゃんて肩幅広いよね」って言われたこともないし。
(言われるようなことではないか、あまり)
ってことは私の顔がデカイって事なのだろうか??
顔がでかくて肩幅の広さがわからない。汗(ありえるー)

なぜこんなにひとりで驚いているかというと
アンちゃんがめちゃくちゃ肩幅広男なんです!
肩が歩いてるみたいな感じ。(ってどんな?)
私達の子供は100%肩幅の広い子になるでしょう。

でも、採寸してる時にふと思い出したんです。
遠い遠い昔のことを・・・
中学入学前、呉服屋さんに行って学校指定の制服を作りに行った時
私の体を採寸していたおばさんがそういえばいったんですよ、私に。
「あなた、肩幅があるわねぇ~」って・・・。
そのときは特に何も思うことなく「ふ~ん」って思ったのを思い出しました。

みなさんも、自分の体の意外な発見をしたことありますか?
[PR]
by billyboo | 2007-05-16 18:53 | 育児

別れと旅立ち

今日はお休みだったんですが、受付で働いていたG君が
シドニーに帰るということで空港まで見送りに行ってきました。

ちょっと中性的でおしゃれなG君、彼女とともにブルームに来たのは1年ちょっと前でした。
G君も彼女も受付で働いていたので、私も両方と仲良くなり
私とアンちゃんの進展を話せば、で、あなたたちはどうよ?なんて聞き返したり
お互い相手が同じ職場ってことでちょっとした親近感もありました。

数日前、「G君を見送る会開催」の張り紙がそこらじゅうにはられていました。
それをみて「あれ?G君シドニーに行くの?じゃあ、Aちゃん(彼女)はどうなるの?」
と私が言ったら近くにいたEちゃんが「実は彼ら、別れちゃったのよ。」と教えてくれました。

なんていうか、予想外だっただけに他人事ながらすごいショック・・・。
えぇぇ、別れて欲しくなかったんだけど・・・なんて思っても
つらいのは本人であって、私が何を言えたわけでもなく・・・。

彼らは同じ職場で毎日顔をあわせて働いている仲で
宿舎でも同じ部屋にすんでいました。
これで終わりが来るのってつらい・・・。
2年半ほど一緒だったらしいですが、お互いけじめをつけるために
G君がシドニー(実家)に戻ることに決めたそうです。

この決断、すごいなって思いました。
喧嘩別れというよりも、友達に戻ったって感じで
最後まで空港の送り迎えも「元」彼女がしていたし
彼女は最後まで彼の「一番大切な子」であったのがよ~くわかりました。
彼女は私に「シドニーに行ってかわいくておしゃれな子達に囲まれたら
彼、私のことなんてあっという間に忘れちゃうんだよ、きっと。」
なんて強気なこと言ってましたが、目は寂しげでした。
涙がにじんだ目を大きなサングラスで隠してました。

そんな二人を見ながら、私がこの状況だったら耐えられるかな?と
もし自分が彼女だったら、彼だったら・・・と考えたら胸が張り裂けそうでした。
別れたとはいえ、こんなつらいシチュエーション、乗り越えていた彼女
そして彼はすごいなと思いました。
彼はシドニーに帰っていったけど、彼女はニュージーランド人で
彼女がそのまま国に帰れば、彼とは一生会うこともないのです。

私には突然知った別れだったけれど、彼女がいうには
「もう先が見えてた。こうなるのは時間の問題だった。」そうです。
カップルにはカップルにしかわからない悩みがあったわけで
仲良く見えていてもみなそれぞれ、いろいろあるんですよね。

G君とAちゃん、これから別々の道を歩むのだけれど
早く笑顔が戻って過去を笑って話せるようになる時が来ればいいな、と
なにもできない私はただただそう願うのみです。
[PR]
by billyboo | 2007-05-09 23:49 | 育児

季節の変わり目

おひさしぶりです!
ちょっと放置しておいたら、もう1ヶ月以上経っちゃってました。

ブルームは4月にはいってから、急激に湿気が減り
湿気が減ったとともに旅行者が急増しております。
車の数も雨季に比べて倍以上、信号がないブルームでは
右折が大変な時期になってきました。(汗)

本当に3月末までは「一体、いつドライシーズンがやってくるのだろうか?」
と思うほど蒸し暑く、天気も優れずだったのに
4月にはいってからガラッっと一転、早朝仕事に出かけるときの空気が違う!
「いってきま~す」と外にでたら室内より涼しくて驚きました。
長いあいだ見てなかったくちばしの長い鳥が舞い戻ってきてたり
ふと気づけば人通り、車の往来が激しくなってる・・・。

待ちどうしかったブルームのドライシーズン(ベストシーズン!)がやってきました!

忙しかった仕事もホテルの改装工事の為、これから4ヶ月ほどは常に10部屋閉まっているので毎日早々帰れるのがうれしいです♪
結婚式の準備も平行してやっているので、仕事が早く切り上げられると時間に余裕ができてなんともありがたいです。

パースからブルームに移り住んで早2年半。
1年住んだらパースに戻るつもりで着たけれど、この田舎街、結構気に入ってます。

あと何年くらい住もうかな~。
[PR]
by billyboo | 2007-04-19 12:19 | 育児

友達の幸せな出来事

あえて名前は出さないことにしましたが、私が妹のように、時には姉のように思う
大切な友達からHappyなニュース、ということで妊娠したことを告げられました。

妊娠発覚してからまだたった2日。
安静にしていなければならないだろうし、この先無事に赤ちゃんが育つかまだたった2日ではなんともいえないので、うれしいニュースだけれど名前は出さずにします。

彼女と初めて出会ったのは私二十歳、彼女が14歳の頃。
体は私より大きかったけれど、まだまだあどけない14歳でした。
それから10年間、近くにいたことも、遠く離れていたこともありましたが
ずーっと仲良く、縁途切れることなくいままできました。

初めてタンポンを使う彼女に入れ方を教えてあげたり(笑)
彼女の隠し持っていたタバコを、お母さんが部屋の掃除をするからと
私のタンスに隠してあげたり、初めてできた彼との赤裸々な出来事など(笑)
ティーンネイジャーから大人になるまで常にかかわってきた彼女がついにお母さんに・・・!

なんていうか、友達が妊娠したのとはまた違った感覚で
なんともいえないうれしさと期待感、彼女の数ヵ月後に自分が母親になること
(初めての経験)への不安感など、彼女の成長を見てきたから、彼女の今思う気持ちが手に取るようにわかってまるで自分が妊娠してるみたいな気持ちになってます。

そのニュースを聞いてから、なんだか興奮が冷め遣らず
今日はお休みだっていうのに、朝早くから目が覚めてしまい
彼女にe-Cardを送って、ebayで私の持ってるBabyJournalが売られているかチェック。
さっそく購入して、来週にでも彼女にプレゼントする予定です。

数ヶ月前、彼女に「XXちゃん、妊娠したんだよ!」と共通の友達のおめでたいニュースを教えてあげたところ「私の周り、今み~んな妊娠してるの?はやり?」なんてふざけていた彼女。あっという間に仲間入りしてしまいました。
私のほうが(年齢的に)絶対先だって言ってたけれど、突然立場逆転。
でもずーっと付き合ってる彼(8年目かな)とはいつかそうなるだろうと
時間の問題でもあったのでこの結果もうなずけます。
でもあと1年ほど待ってくれれば、一緒に妊婦ライフ送れたのにぃ~!
それがちょっと残念です。

彼女とお腹にいる小さな小さな赤ちゃんが、無事健康でいられますように
遠く離れたブルームで、私はただただ祈るばかりです。
[PR]
by billyboo | 2007-02-28 09:24 | 育児

忘れられない誕生日

今日は私の30歳のバースデーでした。

区切りがいい数字だし、なにか盛大に祝おうかなーと思ったりしたんですが
特に何って言う予定もなく、仕事もお休みしようかなーとは思ったものの
2日行けば休みだし、っていうなんだかやる気のない誕生日でした。

数日前のバレンタインデーで、アンちゃんの人生の中での一大イベントにも匹敵する?
プロポーズを終えていたので、肩の荷が下りて、私の誕生日なんて忘れてるんじゃないかな?と本気で思ってました。

そんな乗り気でないお誕生日の朝
目覚ましがなる前にアンちゃんが「billyboo、今日何時に起きるの?」と聞いてきました。
「え・・・?6時だよ・・・。」と半分寝ながら半目を開いて答えると
アンちゃんが「これ、朝ごはん。お誕生日おめでとう!」と寝ぼけてる私の目の前で
お皿とコップを持って立ってました。

上にも書いたとおり、「覚えてるのかな?私の誕生日」くらいの期待だったので
朝食を作ってくれているとは思いもせず・・・。
お腹もすいていないのに、うれしさ一杯でがっついて食べました。(笑)
そしてアンちゃんのいれるスペシャルコーヒー(入れ方がなんか違くておいしい)を飲んで
エネルギー満タンでお仕事へ・・・。

特に「今日私の誕生日なんだー♪」なんて誰に言うこともなく、静かに仕事を始めました。
1時間後、ハウスキーパーのVさんが「おはよ~」と現れたかと思えば
「お誕生日おめでとう!」とチョコレートとヘアクリップ(私が毎日仕事で髪をまとめてるのを知ってるので)のプレゼントをくれました。これまた感激!!!
数日前に「もしかしたらこの日、お休みするかもしれない。」って言ってあったんです。
「なんで?」と聞かれたので「お誕生日なんだ」って答えたのを覚えていてくれたようです。

そんな感じでスタートした私の誕生日は、も~スーパー忙しい日!
やっぱ休みとっておけば良かった??なんて思いながらも
朝からのアンちゃんのうれしい出来事やVさんのうれしい計らいで気分はハッピーでした。

受付で働く人と現場で働く私は、常にトランシーバーのようなものでで連絡を取り合うのですがお昼ごろから突然、
「ちょっとbillyboo、お誕生日なんだって?おめでとう!なんで黙ってたのよー!」
というメッセージが入ってきました。
(誰が教えたのかはいまだに不明)

ハウスキーパーのTちゃんが腹痛で早退してしまったため
私が一人二役をやらなければならなくなり、本気で忙しい日でした。
しかし、他の部署で働く同僚が用事があって受付に行くと、誰かが必ず「今日billybooの誕生日よ!」って言ってるんでしょうね。時間差で代わる代わるトランシーバーにおめでとうのメッセージをくれて、疲れてふぅふぅ言いながらも、心はずーっとうれしさで満たされてました。

夕方4時頃、まだ仕事中だった私は、仕事に向かうアンちゃんを家に迎えに行かなくてはならず、しかし、正確に何時に仕事が始まるのかわからなかった私は、オフィスにいってデューティーマネージャーのMさんに「アンちゃん、今日何時に始まるか知ってる?迎えに行かなくちゃいけないんだけど、まだ私仕事終わってなくて。」というと、Mさんの隣にいたS君が「アンちゃん、今日休み取ってるよ」っていったんです。

そしたらすかさずMさんが
「あ、何時でもいいよ。6時でも7時でも。billyboo、お誕生日なんだって?
前もってしてったらラッピングしたんだけどなー!」とまくし立てたあと白ワインを渡してくれました。

S君の言ったことと、Mさんの言ったこと、おめでとうの言葉と、白ワイン。
一気にすべて言われたのでちょっとパニックで「えーと、ありがとう!!」とまずお礼を言ってから、「じゃ、アンちゃんは何時に来てもいいの?」とMさんに聞きなおすと「billybooが仕事終わってからでいいよ。」って返事でした。
何時でもいいってなんか変だな、って思ったんですが、忙しくないのかな~と思い
「よかった、私もまだ仕事終わってないから、その方が好都合」といったら「急がなくっていいわよ~」ってことでした。

オフィスを後にして、数分後にアンちゃんに電話。
「今日何時に仕事行く予定なの?まだ私仕事終わってないんだよね。」
というと、「え~と・・・ね・・・うーんと・・・」となんだかはっきりしない返事。
「Mさんにさっき聞いたんだけど、何時に来てもいいって言ってたよ。なんで?」
と聞くと、「う~ん・・・実はね病欠取ったの」というではありませんか。
私、とっさにずる休みしやがった!と思い込んで「なんでー?(怒)」というと
「実は今、夕飯作ってて。billybooの大好物。billybooをもてなすために今日実はお休みしたんだ。」っていうではありませんかっ。

私の軽い怒り一気に撤収。(笑)
S君が言った「アンちゃん休み取ってるよ」を一気に打ち消したMさんの言葉には
裏があったんだと、このときやっとわかりました。
何時に来てもいいなんて、おかしいと思ったよ~そういうことだったのか~
と言ったら、アンちゃんのところに私より先にMさんから電話があって
「今billybooにあなたの仕事のこと聞かれたけど、変なこと言っちゃわなかったかなぁ~。
あなたのサプライズを壊してなきゃいいけどっ」って心配の電話があったそう。
アンちゃんも嘘つけばいいものを、性格的に「ついていい嘘もつけないタイプ」なので
ドバーっと電話口で全部いっちゃってるし。作ってる夕飯もサプライズ、っていいながら
billybooの大好物、って半分言っちゃってるし。笑

仕事を終えて家に帰ると、すっごい散らかったキッチンで、アンちゃんが海老と格闘してました。アンちゃんが作ってくれた私の大好物とはコレ↓
f0020703_8333528.jpg

Garlic Prawn

大好きなライム入りのCoronaBeerと食べるこのGarlic Prawn。
仕事で疲れた体にじわ~と染み渡り、一口食べておいしくてうれしくて涙か出てしまいました。
アンちゃんに対して期待していなかった自分に罪悪感。
こんなに気を利かせてくれて、私のことを思ってくれて
改めてなんていいやつなんだろうと、ありがとうって何回もいいました。

実はお誕生日プレゼントは、私が前から欲しいといっているものがあったので
一緒に見に行って決めよう、って約束していたんで当日はプレゼント無しでした。
でも物でのプレゼントなんかとは比べられない、心がこもったこのもてなしで
私は500%くらいHappyでした。

アンちゃんに「今まで生きてきた中で一番感動してうれしかった誕生日だった」といったら
アンちゃんも満足そうでした。本気でそう思いました。

それと同時に、自分が30歳になったことがいまだに信じられません。
どんな30代になるのか、とっても楽しみです♪
[PR]
by billyboo | 2007-02-19 08:12 | 育児

Beer

最近嗜好が変わりました。
最近というより、ブルームに着てからなんですが
ものすごくビールが好きになりました。

お酒を飲むのは日本にいるときから普通に好きでした。
でも雰囲気で飲むタイプだったので「飲みに行く」というシチュエーションでない限り
飲むことはなかったんです。
お酒を買って家で飲んだりすることもなく、出かけない限り飲むことはありませんでした。

しかーし!
ブルームに着てから変わりました。
仕事が終わるとボトルショップにドライブスルーして買って帰ります。
お気に入りはCoronaです。
(日本のコンビニでCoronaを買うと、搾ったライムの小袋が着いてくるんですよね。
アンちゃんが感激しました。痒いところに手が届く日本文化、万歳)
仕事が終わった後の1杯(や2杯?)がもーびっくりするほどうまい!
ぐーっと飲み干しちゃうくらいです。

たぶんこれって気候のせいではないか?と思います。
とにかく毎日コノヤローってくらい暑いんです。
今は一番暑い時期(湿気もすごい)ので、ビールがいけるんですよね。

暑いといえば、私の肌が日に日に、日に日にというより
月月、年々、黒さが増してきてます。
もともと焼けやすい体質です。
小学校の時に夏休み明けの「クロンボ大賞」(誰が一番日焼けしてるかを競う)
で賞をもらったことがあります。(うれしくね~)
それでも日本にいるときは、四季があるので冬になればそれでも白くなってました。

でもここじゃあ、1年中半そで。
肌がさめる時がないです。この肌色、日本人じゃないです。
暑い国のアジア出身度100%です。
ここまでくると自分の「地色」がわかりません。
この間選んだファンデーションも日本では売られていない濃さ(涙)でした。

一刻も早く過ごしやすい季節になってもらいたいものです。
ってその季節が来ると仕事がますます忙しくなるんだよなぁ~涙
[PR]
by billyboo | 2007-02-15 20:36 | 育児

思い出した怖かった出来事

さっき自分の古いHPを久しぶりに観覧してみたらなんだかすごく懐かしくって
自分、こんな生活してたんだーって他人の日記を読んでるみたいだった。
ブログを本にできたりするけど、私の日記も本にしたいな~。
想い出にしてとっておきたい・・・

そんな古い日記を読んでいてふと思い出したことがあります。
この間日本からパースに帰ってくるとき、飛行機の中でおきた手に汗握る出来事。
今まで飛行機を何回も利用してきたけれど、初めてあんなに怖い体験をしました。

パースにあと5分ほどで着くころ、窓の外を見ると真っ暗い中、家の明かりや車の明かりが
ちらほらと見えてきました。うわ~もうすぐ着くぞ~と思いながら
身を乗り出しながら窓の外を見ていると、突然UpDownが激しくなりだしました。
うわ~気持ち悪い・・・&怖い!!
このフワッと浮く感じがいつも苦手です。
でも普通、数回くらいUpDownを繰り返して、すぐ安定するもんです。
アンちゃんの手を握り締めながら安定するのをじーっと待ってたんですが
とにかくすんごい揺れです。上がったり下がったり、ちょっと大丈夫かいな?!
ってくらいガタガタしてました。
でも窓の外を見るともう少しで手が届きそうなところに滑走路のランプが見える!
着陸まであと数秒!!がんばれ自分!!・・・なんて思っていたら

ものすごい勢いで急上昇!!!!

体がシートにくっついた!
90度くらい直角に上昇してるんじゃない?ってくらい
すごい速さですごい角度!

お客さんみんな一気に無言・・・
頭の中でみんなが「い、一体どうなってるんだ?!?!」ってパニクっていたはずです。
飛行機事故のドキュメンタリーとか映画の場面が走馬灯のように頭をよぎり
もーーーー怖い度120%!!!!
ある程度の高さにくると、何事もなかったようにまた飛行機は海の上を巡回しはじめました。
ゲロ袋を口元に持っていってるお客さんが数人。
私もすんごく気持ち悪くて、吐く寸前でした。気持ち悪さと怖さで・・・。
アンちゃんは「テロじゃないか?」とかいってるし・・・。

不安な機内にアナウンスがはいりました。

「風が強すぎて着陸に失敗しました。」

ひぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ~
もうあんな怖さ味わいたくないから、風がやむまで何時間でもここ飛んでていいよぉ~(涙)
って本気で思いました。
その後たった10分して、再度着陸をこころんだところ

大成功!!!!!!!

乗客みんな拍手喝采でした。

こういうことってよくあるんでしょうかね?
パイロットやフライトアテンダントなんかは平気だったんでしょうか?

機内からでるとき、通路を通るとかなりの数のゲロ袋が使用されていました。
あんな思いもう絶対したくないです。

■■今日の雑学■■

Polar bears are left-handed.
(白熊は左利きである)

↑そういわれてみれば、まどろっこしい感じで物つかんだり
赤ちゃんベアをあやしたりしてるなぁ、なんてなんか納得したんだけど
動物だもん、右でも左でもどっちでもまどろこしいよな・・・汗
[PR]
by billyboo | 2007-01-25 20:59 | 育児

クリスマスランチ in ホテル

今年のクリスマスは珍しくお仕事お休みでした。

去年、おととしはホテルのレストランでクリスマスランチとディナーを催していたので
毎年仕事に出てました。が、今年はホテルでの催しがなかったため
今年はどんなクリスマスになるのかなぁ~と思っていたところ
「ホテルの従業員でクリスマスランチパーティーをしよう」ってことでした。

お昼前に行ってみると、パーティー会場はなんの飾りもなし。
どこでなにすんの??って思いながらキッチンに入ると
みんな私服でチキンを刻んだり、サラダを作ったりして
パーティーの準備(今からするのかいっ!)してました。
アンちゃんがフルーツサラダ作りをしていたので手伝おうとすると
シェフに違うことを頼まれ、気がつくとパーティーに参加するみんなが
なにかしらせかせか動いてる。
「自分達で準備し、自分達でもりあがるパーティー」になっていて
なんか拍子抜けでうけた。

おととい、アンちゃん弟と兄がマッドクラビング(蟹取り)にいってきたんですが
その時とってきた蟹もこの通り・・・
f0020703_11485919.jpg

チリソースでおいしそうに調理されてました。(なんか地獄絵図みたいになってますが・・・)

パーティー会場に並んだ料理はシーフード、チキン、ビーフ
ケーキやクリスマスパイ、フルーツなど盛りだくさん。
クリスマスクラッカーを引っ張りながら、中に入ってるジョークを読みつつ
しらけつつ、笑いつつ、最後にはクラッカーに入ってる紙でできた王冠を
かぶってみんなでわいわい盛り上がりました。
f0020703_11555355.jpg


数時間すると禁煙者に流されて、外で飲み始めました。
この日は天気もよく、それほど暑くなく、外で飲むには気持ちのいい日でした。
f0020703_11592794.jpg


上の写真だけ見ると、まったり飲んでるグループと
遠くで走り回ってる妙なグループが見える不思議な写真ですが・・・
f0020703_1211564.jpg


そうです、クリケット中です。
BBQやピクニック、外で過ごすと必ずみんなやりだすクリケット。
男性陣はものすごく盛り上がって楽しそうにやってました。
f0020703_1244364.jpg

サンダルも脱ぎ捨てです。(ネクタイも落ちてるぞ)

今回、職場のいろいろな人からクリスマスカードやらオーナメントをもらったりしました。
私の直属のボスにあたるエナからのカードには、ブルームのレストラン券がはいっていて
感激!!プラス、なんにも用意してなかったので焦りましたが
「アンちゃんとふたりで過ごす時間に使って欲しくて」ってうれしいことを言ってくれました。
来年は職場の人の分も用意しなくちゃな~。
(ちなみにカードにスクラッチを入れてくれた人がいたんですが$8当たりました。
これでもう一回スクラッチを買ってもっと当たるといいんですが・・・)

家に帰ってきてからは家族同士でプレゼント交換。
今年はいつになく大量のプレゼントをもらい、ウハウハしてしまいました。
アンちゃん弟カップルからは化粧品のセット+ミニ香水+グロス
アンちゃん兄カップルからはウェディングアルバム(来年式をするので)
アンちゃん両親(というか特にアンちゃん母)からはコットン素材のワンピース+カチューシャ+指輪+手帳+Billabong水筒(ピンクでかわいい)+ネックレス+ピアス+しわしわ素材のカーディガン+ハート型の栓抜きつきキーチェーン
という"これぞ究極の女の子グッズ"をもらいました。
これ以外にもう一個、ネットで注文中で間に合わなかったんですが
私が欲しがっていたサンダルを買ってくれているそうで、すんごく満腹です。
あ、一番大切な方(アンちゃん 笑)からは、ブレスレット+ピンクの釣竿(女の子仕様)をもらいました。
とってもかわいいです。(写真撮りたかったな~。また次回)

そんなんであっという間に過ぎ去ったクリスマス。
次の日は仕事だったので酔うほど飲めませんでしたが、とっても楽しかったです。
[PR]
by billyboo | 2006-12-25 12:34 | 育児

お休み~

今日はお休みです。

先週の休みは二日酔いで、本気で「一日中寝っぱなし」
(トイレにさえ起きず、何も食べずで体重減。汗)だったので
今日は休みをフルに使おうと、朝からせっせと動いてます。

まずはアンちゃんを仕事に送り、帰宅後食器洗い。
バスルームとトイレのお掃除をして
朝食を食べながらネットしてます。

これからスーパーにお買い物に行ってから
銀行やら郵便局に行ってきます。

年末はクリスマスだけでも余分な出費が増えるのに
去年の1月に車を購入したので
1年分の車の保険や登録料も請求がきてます。
それらを支払いに銀行+郵便局です。

どうでもいい話なんですが
さっき初めて「おいしい!」と思えたシリアルバーを見つけました。
シリアルバーって丸々1本食べたことないんですが
(美味しいと思えるものに出会ったことない)
アンちゃんのお母さんが仕事に持っていって食べている様子で
食料庫の中に数種類箱が入ってました。

その中の一個で「Kellogg's ICMs CORN FLAKES (Honey)」ってのが眼に留まり
響きが美味しそうだったので一個試しに食べてみました。

そしたらびっくり!!

これ、美味しいじゃないですかぁ~!!!!!

シリアルバーで初めて美味しいものがあることを知りました。
なんかココナッツ系の味で(ハニーなんでしょうけど 笑)
牛乳と一緒に食べたらめちゃくちゃ美味しい味!!
やわらかくって、ちょっとボロボロした感じで
ソフトクッキーみたいな食感・・・。

もう一個食べたいと思い、箱から残りの一個を取り出しました。
でもアンちゃん母が買ったものだし(何でも食べていいといわれていますが)
残りの一個を食べるのはなんだか気がひけるな~と思いながら
後から買い物行くし、同じのを買ってくればいいや、と思い
ブランドを確認しようと箱をまじまじと見たところ・・・

Best before / 20 May 05(賞味期限 2005年5月20日)

ソフトクッキーみたいな食感・・・
原因はこれかぁ~・・・・・汗 汗

2個目はやめておきました。
後でスーパーで同じのを探して新鮮なやつを食べてみる予定です。
きっとすこぶる美味しいはずです。
[PR]
by billyboo | 2006-12-22 10:26 | 育児

居候

日本に行く前に引越しをしました。

なぜかというと家賃が週に30ドルも値上がりするって言われたんです。
パースから来た私たちにとって、ブルームの家賃は高いっ!
それでもビリーのために裏庭の着いた一軒家を借りてました。
(ビリーのために、というか一軒家でないとペット可のところがありません・・・汗)

それでも「値段」と「大家さんの人柄」でブルームにいる間は
そこにずっと住もうと考えていました。
・・・が、値上げされたのは痛かった。

場所的に考えて(家具もついてるし)良心的な値段ではあったけれど
今でも高いと思いながらも、それ以上払ってくのも考えどころ。
ちょうど2年たった9月、日本にも一ヶ月帰るし、その間無駄な家賃を払いたくないな
ってことで、引越しすることに決めました。

引越し先はアンちゃん両親宅
予定では日本に行くまでの2週間、居候させてもらう予定でした。
それなのに帰ってきた今でもまだ居座ってます。笑

まず、他の物件でいいところがみつからない。
ビリーがいるので手ごろなアパートはまず無理。
一軒家でも値段的にOKなところを探すと、ご近所さんが怪しい人だったり・・・。汗
でもそれ以外にはっきりいって腰をすえて家探しをしてないってのもある。

実はこの居候生活、すごい快適♪
義理の親(結婚してないけどそんな間柄です)との同居なんて
さぞかしイヤだろう・・・と思われるかもしれませんが
それがびっくり。楽しいのです

以前、ブルームに引っ越してきたばかりの頃、2週間だけ同じように居候生活をしてました。
その時は「アンちゃんと2人で住むための家探し」に必死になってました。
パースにいた頃、用事がないと顔をあわせることがなかった義理の親に
やっぱりなにかしら気を使っていて居心地がよくなかったんです。

あの頃がうそのように、今では全然気を使ってません。
「全然」といったら語弊があるけれど、以前のように「気を使いすぎない」ようになりました。

そうなれたのは仕事を始めてからです。
アンちゃんの両親と同じ職場なのでイヤでも毎日顔をあわせます。
特にアンちゃん父とはホテル内の同じエリアで働き、同じ時間に始まり
同じくらいの時間に帰宅するので、アンちゃんと過ごすより
アンちゃん父と過ごす時間の方が一日のうちで多いくらいです。
仲良くならないわけがありません。(笑)

アンちゃん両親宅では、アンちゃん母ではなく父の方が料理をします。
彼らの家でのルールは「できる時間のある者がする」なので
一番早く帰宅するアンちゃん父が毎晩夕飯を作るのです。
そうです、私達(アンちゃん&私)の分もです。

これ、すっごく助かります!!!
私、最近気づいたんですがあまり料理が好きではありません。
時間があれば作れますが、仕事から帰ってきて疲れていると
料理を作るのがすっごく億劫です。本気でイヤです。
なのでアンちゃん父の毎晩の夕飯は本当に助かります。
(お皿洗いはちゃんと私がしますよ!)
私は自分がお休みの日だけ、夕飯の担当をしてます。
なので週に2回作ればいいだけです♪

それに・・・
みんなが帰ってくるまで家でアンちゃん父とずーっと二人っきりなのですが
アンちゃん父がとってもやさしいのです。(ここ一番のポイントかもしれません)
「お茶飲むかい?」「チョコレート食べるかい?」「ビール飲むかい?」って
しつこくない程度に、またちょうどいいタイミングで聞いてくれるのです。(笑)

以前、「billyboo、緑茶があるけど飲むかい?」といわれたので頂くと
どう考えても「ジャスミンティー」でしょ、というお茶が出てきました。
アンちゃん父に「これ緑茶?匂いも味もジャスミンみたいなんだけど・・・(笑)」と
緑茶といったアンちゃん父を茶化したことがありました。
(箱を見ると緑茶とジャスミンの混合でした)

数日後、お買い物から帰ってきたアンちゃん父が手に持っていたものは
100%緑茶」と書かれたお茶の箱でした。(笑)
「billyboo、これなら文句ないだろ。」と誇らしげだったアンちゃん父ですが
そのお茶はウーロン茶の味がします。(笑)
でも「うん、これはうまい!」といっておいしくいただいてます。笑

そんなアンちゃん父、私が毎週末「オーストラリアンアイドル」を見ていることを知ってます。
TVでその番組のCM が流れていたので「あ、今夜か。見なくっちゃ。」と
ぽろっと言ったところ、「billybooはオーストラリアンアイドルが大好き」ということになってしまいました。
私がネットに夢中になっていて番組の時間を忘れていると
「billyboo、お気に入りの番組始まるけど見ないのか?」と教えてくます。
アンちゃん父は「こんな番組のどこがいいんだ」と言いながら
私と一緒になってその番組を観ることを、めっちゃ楽しんでいるのが
笑えるくらいよくにわかります。
オーストラリアンアイドルは毎週、日・月の2日間ですが
アンちゃん父は必ず先走ってしまい「今日はお気に入りの番組の日だろ?」
土曜日に言ってきます。
私よりもお父さんのほうが楽しみにしてるんじゃ・・・? (笑)

そんな感じで居心地がいいわけで、このままずっと一緒でも・・・くらいの勢いです。
あ、それともうひとつ、これ一番助かってることなのかもしれませんが
家賃を払ってません。(自慢できることじゃないですけど)
というか、一銭も払っていません・・・。
次回の電気と電話の請求が着たら半分払うつもりですが
それと夕飯代も・・・。
アンちゃんは「お父さんは楽しんでやってるんだから気にしなくていい」
というんだけれど、稼ぎがある若い二人が無賃で居候ってなんか申し訳ないですよね。
その辺はしっかり決め事をしたいなーと思ってます。

そんな感じの居候生活、まだまだ続きそうです。
(って今、これを書いてる最中にもコーヒーをいれてきてくれたアンちゃん父。
私は今日お休みで、アンちゃん父は朝から仕事だったにもかかわらず。感謝。)
[PR]
by billyboo | 2006-11-19 12:07 | 育児