カテゴリ:育児( 56 )

15歳での出産

昨日、ニュースだったかそれ系の番組で、15歳で子供を産んだ子の話題をやってました。
相手も同い年の男の子で、ふたりともまだ学生で制服着ながら学校に通ってました。
なんか、番組的には「若いカップルだけど、がんばって!」的な流れで放送してましたが
私はこれってどうなのよ~って思いながら見ちゃいました。

まず、15歳なんてまだ「子供」ですよ。
お金を稼ぐことも知らないし、お酒も飲めない、まだまだ親と一緒に暮らしてるような
ひとり立ちしてないガキです。
そんな子供が、子供を産んでどうやって育てていくの?って疑問に思いました。
平日は学校へ・・・週末はふたりで赤ちゃんのお世話してます、なんていってたけど
それってほとんど彼らの親が世話してるんじゃん!
子供にかかる費用だって、彼らは働いてないわけだから
きっと親が全て出してるんだろうし、そういうのって「子供を育ててる」とは言えないんじゃないの?私は思いました。

今はきっと生まれたばかりの赤ちゃんの世話も楽しいでしょうけど
これから彼らが少しずつ大人になって、お酒を飲んだり、友達とパーティーしたり
夜通し遊びたいことだって1回や2回では治まらないと思います。
そんな時はどうするんだろうか?

以前、アメリカの番組で、幼い子供を持ったとっても若いシングルマザーのお母さんが
自分の母親から文句を言われている番組を見ました。
「友達にパーティーに誘われたからって、子供をほったらかして朝帰りなんてするべきでない!」という母親からの訴えでした。
娘は若くして子供を持って、今やっと好きなことができる(仲間と出歩いたり、騒いだり)
時期に来て、子供を育てることより、自分の青春を満喫しはじめちゃったらしいです。

私、個人の意見だけれど、自分の青春時代を送る前に子供を作って落ち着いたら
いつかきっと「こんなはずじゃなかった・・・」って後悔することがあると思います。
私がこの15歳の子の母親だったら、娘のこと、生まれてくる子供のことを考えたら
産むべきではない!と強く反対すると思います。
でもこの15歳の子の母親も15の時に初の子を産んだらしいから
彼らの人生ではそういう道もアリなのかもしれないけど・・・私は納得いかないな。
母親はきっと若くして子供を産んで苦労しただろうに
娘にも同じ苦労を負わせたかったのだろうか?
それとも「産むべきでない」って説得できなかったのかな?(自分もその歳で産んでるがために)

オーストラリアでは、日本ほど中絶手術が簡単ではないと聞いたことがあります。
この辺だけかな?中絶手術を受けるには、かなり離れた街まで行って行わなければいけないと聞きました。宿った命を絶つことを「殺人」扱いするようなことも聞くけれど
望まれずに生まれてきた子供の人生を考えたら、私は中絶も悪い選択ではないと思ってます。
まず、避妊もまともにできずに計画性のないことをしてしまう若者(子供)が
子供を産んでまともに育てていけるわけがないんです。(辛口ですがそう思います)

TVで見たあの若いカップル、これからの人生でいつか立ち止まって
いろんなことを考える時が来るだろうと思います。
[PR]
by billyboo | 2006-02-07 20:10 | 育児

ハッとした言葉

つい最近、母親からメールで
「4月におばあちゃんの米寿のお祝いをかねて、親戚一同で旅行に行くけど
billybooは来れる?」と聞かれました。

みなさんもご存知の通り、去年の11月に親知らずを抜くために日本に3週間帰りました。
でも、これは計画外の出来事で、本当は今年の4月にアンちゃんを連れて
この米寿のお祝い旅行に一緒に連れて行く予定でした。
そこで親戚みんなにも紹介できればいいな、と思っていたんです。

しかし、11月に帰った時、まだその旅行の計画は立てられておらず
母親から「(旅行が)いつになるかわからないから、あなたたちが都合のいいときに日本にきたら?」といわれていたんです。
なので、仕事の忙しくない時、季節的にすごしやすい時期を考えて
今年の9月に日本に行くことを決めてました。

そしてそれに向かって貯金するためにも、がんばって働いていた矢先、母親からのこのメールで、まったくの計画外の呼び寄せにかなり驚きました。

だって、2ヶ月ちょっと前に帰ったばかりで、まだなんにも日本が恋しくないし
日本から帰ってきて、いろんなことが落ち着いて、こっちの生活のパターンに慣れて
9月のためにあくせく働いてる真っ只中だったので、正直「無理だなぁ~」と思いました。
仕事も休めないことはないけれど、掛け持ちしている仕事があるし、休むとなると2箇所に
報告しなければならないし、一緒に働いている人に迷惑じゃないかとか考えると
かなり気が重いんです。(これは日本人的感覚でしょうか?)
それにあまり飛行機が好きでない私にとって、ブルーム→パース、パース→日本
の長旅は結構つらいものがあります。
それプラス、私がまた日本にいって来るといったら、アンちゃんはどう思うだろう?と・・・
いろんなことが頭の中でぐるぐる回り始めました。

そんな感じで、4月の日本行きは私の中ではまったくその気ではありませんでした。
両親が会いたがっている気持ちを汲んであげたいけれど、自分の欲求も押していて
イマイチ乗り気じゃないなんともいえない気分・・・
でも、その母親のメールには「今夜電話するから、詳しいことはそのとき話すね」と
私が来るであろうと期待している感じに見えて、心苦しくなりました。

TVを見ていても、何をしていても、母親からの電話が鳴るのをドキドキしながら待ちました。
断ったら「そうか、じゃあ、9月にね。」とすぐに折れるだろうけど、心の中では絶対に寂しい思いでいっぱいになるはず・・・
そう思ったらこっちまで暗くなってきちゃいました。

そんな気持ちでいることを、隣にいたアンちゃんに話してみました。
そしたらアンちゃんこういったんです。

「いつかbillybooが会いたいと思った時に、彼ら(両親)はいなくなってしまうんだよ。
行ったほうがいいんじゃない?」

それを聞いたとき、ハッとしました。
心臓が締め付けられたみたいに、ドキドキして涙があふれてきました。
一瞬にして「4月、日本に帰らなきゃ!」と気持ちが一転しました。
アンちゃんにそのひとことを言われていなかったら、自分が心代わりしていなかったら
きっと両親のお葬式で私はこのときのことを悔やむだろうと思ったんです。

なんであの時、帰っておかなかったんだろう・・・
帰っておけば、もうひとつ楽しい思い出を作ってあげられたのに・・・って。

それに私の両親だけでなく、88歳になったおばあちゃんにも
子供、孫、ひ孫全員と過ごせるいい思い出になる旅行のはず。
私一人が欠けてたら、きっと祖母は「あぁ、billybooがいたらねぇ。」って
いうだろうし、うちの両親にしてみれば「billybooがいたら、おばあちゃんもうれしかっただろうに・・・」って思うはず。

そしてアンちゃんに「私が日本に行くのに賛成?さみしくない?」と聞いてみました。
アンちゃんは「さみしいけど、NOなんていえるわけないよ。僕は毎日両親に会えるけど
billybooは1年に1回しか会えないんだから、会えるときに行かないと!」といってくれたんです。

片方が外国人だと、こういうことって当たり前のことだけど
なかなか快く行かせてあげられることではない気がします。
私がアンちゃんの立場なら「またぁ~?」って思っちゃうかもしれません。
理解のあるアンちゃんでいてくれることが、私にとって異国の地でがんばってやっていこうと
思える源になっているのも事実です。

母親に電話で行くことを伝えると、とっても喜んでました。
アンちゃんも、と言ってくれたんですが9月の予定で計画立ててるから
今回は私一人でいくよ、と伝えました。

母親は、「お金が大変だから、私が呼び寄せてるんだし飛行機代は出すから心配しないでね」といってくれました。とってもありがたいです。両親にしてみれば、私に会えることが楽しみで、飛行機代くらいもちろんもちます!って感じでした。
こういわれたら、飛行機怖いから、移動が面倒だからなんてそんなこといってられませんね。

これからもできる限り、日本に帰って親孝行しないとな、っていつも思ってます。
そして的確なアドバイスをくれたアンちゃんに、きっといつか「あの時、ああいってくれてありがとう。」と心の底から感謝できる日が訪れるだろうと思います。
[PR]
by billyboo | 2006-01-29 12:06 | 育児

ハエ

オーストラリアは暑くなるとハエが結構飛びます。
ブルームでも最近すごいです。
ボーっと口をあけてると、3匹くらい普通に入ってこれちゃうくらい
大量発生してます。
なぜか耳とか口とか目とか、穴の開いてる部分に寄ってくる気がするんですが
気のせいでしょうか。
「何日シャワー浴びてないの?」なんていやな冗談が飛び交うくらい
本当にいっぱい体にくっついてくるんですよね。
ハエは人間の何に惹かれてあんなにもくっついてくるんでしょうか。

そんな状況なので、家の出入りをしただけで数匹のハエが家の中に舞い込んできます。
キッチンでもこんな状態でハエにたかられてます。
f0020703_16405766.jpg

よ~し、止まってる間にスプレー撒いてやれ!うしし、なーんて思っていたら
ハエのほうが一枚上手でした。
なぜって・・・
f0020703_16423656.jpg

止まってるものが殺虫剤なんだもーん。どうやって殺すよ。
こいつ、人のことおちょくってやがるーっ!!!!

てことで、今、家には4本の殺虫剤が待機しています。
これで殺虫剤に止まったハエも予備殺虫剤で殺せます
[PR]
by billyboo | 2006-01-20 16:49 | 育児

2005年、最後の日

とうとう年越しですね!
本当に1年があっという間に過ぎてしまいますね。
みなさん、2005年はなにか思い出に残る大きな事件はありましたか?

私は・・・今、たった今、改めて振り返ってみましたが
結構大きな出来事があった年でした。
オーストラリアで初めて仕事を始め、念願のビザも無事取得でき
1年の間に2回も日本に帰りました。(これは初です!)

2006年は一体何が待ち受けているんでしょうか。
自然現象的な大きなこと(津波、火山爆発、地震)が起きないことを一番に祈りたいです。
こればっかりは誰にも差し止めることはできないことですからね。

私の新年の抱負はお仕事がんばる!腹を平らにの2つです。
2006年はアンちゃんを連れて日本に行く計画を実行させることも
私の抱負の中にあります。

こうして2005年、最後の日にブログ更新に精力を注いでいる
私のようなオタクなやつは、世の中に何人いるんでしょうか?笑
今年の年越しはおとなしく家にいる予定です。
アンちゃんはBARで深夜1時まで仕事。
私も明日は元旦だというのに、朝の9時からお仕事はいってます。
ってことで、年越しの12時にBARに顔出しに行くこともできません(泣)
車ないし、2005年の最後の日に、問題なくタクシーがつかまるわけでもなし
(去年はタクシー捕まらなくて危うく道端で一人、年越すところでした。汗)

そんな感じなので、今年は愛犬ビリーとおうちで年越しします。
こっちの人たちは年越しカウントダウンをした後、カップルだと必ずキスします。
今年はそれができないのがちょっとさみしいかな~。
電話でHappy Newyearと伝えたら、速攻ベッドに入って寝ないと明日つらい・・・(泣)

2006年の抱負、お仕事がんばる!を初日から実行する私
どなたかエールを送ってくださいませ。

■みなさんにとって、2006年がすばらしい年になりますように。■
                                     By billyboo
[PR]
by billyboo | 2005-12-31 20:29 | 育児

今日こそ本番、クリスマスパーティー

昨日は一家そろって仕事で、クリスマスを祝うことができなかったため
ボクシングデーの今日、BBQパーティーをしました。

BBQなので外のバルコニーでテーブルセッティングをしたんですが
アンちゃん弟の彼女イヴァが、クリスマスクラッカーを買ってきてあり
それも机に並べました。

去年、クリスマスランチをホテルで手伝った時
このクリスマスクラッカーというものに初めて出会いました。
クリスマスクラッカーをご存じない方へ、こんなものです↓
f0020703_1824508.jpg

これをテーブルに一個づつセッティングするんです。
そして二人でこれを引っ張り合いしながら、大きく破れた方の人へ
中に入っている小さな小物が与えられます。
(といっても子供が喜びそうなプラスティックでできたジュエリーやおもちゃですけどね)
そしておもちゃと一緒に小さな紙が入っていて
大体ジョークが書いてあります。(←ジョークってちょっと笑えませんか?)
それか座右の銘みたいな格言が書いてあったりするのもあるそうです。
クラッカーの値段によって、中のおもちゃのレベルも違います。

この存在を知らなかった私は、お皿の上に並べられたクラッカーを
単なる飾りだと思ってました。(汗)
お客さんのテーブルを片付けながら「この小さなおもちゃたちと、紙切れは一体なんなんだ?!」と不思議に思ってました。

イギリスのクリスマスの伝統だそうで、アメリカではどうなんでしょうか?

そんな話をイヴァから聞きながら、BBQ開始。
オーストラリアのクリスマスは暑いので、肉!というより
口当たりさわやかな魚介類が多いです。
ってことでロブスターをいただきました。
f0020703_1839211.jpg

でも魚介類が嫌いなアンちゃん父は、ひとりでステーキつついてました。(笑)
みんなに「魚介類が嫌いなんて人生損してる」とか言われながら・・・

食べきれないほど色々食べてから、プールで暑さしのぎをしました。
最近よく見かけるプールで遊ぶおもちゃでこれ知ってます?
f0020703_18461598.gif

一本一本持って浮き輪代わりにもなる、シンプルなモノなんですが
ウケるのが名前。その名も「Noodle(麺)」
わかりやすくていいですよね。(笑)

アンちゃんと弟は、プールの中でこれを振り回して戦ってました。
その姿はまさに小学生。でもとっても楽しそうでしたよ。

そんな楽しい家族でのクリスマスはあっという間に過ぎていきました。
[PR]
by billyboo | 2005-12-26 18:19 | 育児

犬に襲われかけた!

つい最近、午前中の仕事から午後の仕事への移動中
(私は自転車通勤してます)
ある通りを通ったら犬に襲われかけたんです!

私はわんこ大好き人間なので
基本的に犬を怖がることはないんだけど
この出来事は本当に恐ろしくて、襲ってきた犬を
蹴っ飛ばしてやろう(いや、それ以上!)と本気で思ったくらい
衝撃的な出来事でした。

実は数ヶ月前、友達が同じ通りで犬(3匹!)に襲われていて
両足首をかまれて、病院にいって注射を打ってもらっていました。
だから私も同じ道を通るべきではなかったんだけれど
ついつい、あの出来事で通報してあるし、危ない犬は保護されたかなんか
してるだろうと勝手に思い込んでいたんです。

その出来事があったとき、友達からその時の状況を色々聞いていて
まずは自転車で普通に走っていたら、犬がけたたましく鳴きだして
自分めがけてすごい速さで追いかけてきた、ということでした。

それが私にも起こってしまいました・・・。
そのまんま、彼女の言葉を再現するとこうなります、って
映像が流れたかと思うくらい、同じように犬がけたたましく吠えたと思ったら
私めがけてすごい勢いで走ってきたんです。
そしたらなんとそれに反応して、隣で横たわってた大きな白い犬も
一緒に走り出して、私はもうパニック状態!?!?!?!

すんげー怖いっ!!!!!

一瞬で頭の中が白くなって、とにかくすごい速さでペダルをこぎました。
犬は二匹、私の足首めがけて歯、むき出しで
今にも噛み付きそうな勢い!!!!!!!
いったん止まって足で蹴らないと、噛まれちゃうんじゃないかと思い
でもここで足を止めたらガブリとやられそう、っていう思考が
頭をぐるぐる回って気が動転してました。
怖いのに、なぜかしっかり自分の足首と
それに今にもかぶりつきそうな犬の歯を、しっかり見ている自分がいて
あまりの怖さに「Heeeeeeeeelp!!!!!!!!!!!!!」って叫びながら自転車こいでました。
今思うとなんかちょっと恥ずかしいんですが、あの時は必死でした。

かなり遠くまでつけられてきた気がするんですが
なんとなく、どこかで誰かが犬の名前を読んだような記憶があって
それから犬が私の視界からフェードアウトしていきました。
私は振り返りもしないで、ただひたすらすごい勢いでペダルをこいで
次の仕事先まで向かいました。
バイクから降りたとき、手が震えていて
すごい速さを走って息切れしてるのと、怖さで心臓がバクバクしてるので
呼吸がうまくできないくらいのテンパった状態で
怖さのあまりに携帯でアンちゃんに電話報告するほどでした。

仕事を終えて家に帰って、即効Rangerと呼ばれる
迷子犬や危険な犬を取りしまる機関(ビリーがいなくなった時もお世話になりました)
に電話をして報告。
あの犬たちは絶対私の友達を襲った犬と同じだと思う。
友達もRangerに連絡して車で現地まで行って報告したそうだけど
なんでまだ野放しにされているのか不思議でならない。
結局役所まで行って、報告書とやらを書かなくてはいけないらしく
次の日わざわざ出向いて報告書書きに行きましたよ。

その出来事から1週間後の今日
仕事から帰ってきてシャワーを浴びて
裸同然なくらいの薄い家着をきてTVをみていると
たくましそうなRangerの男性が二人、私の家を訪ねてきました。
あまりにも突然現れたので、その露出度いっぱいの家着のまま(汗)
事情聴取らしきことをされ(早く帰って欲しかったよ~)

「その犬の飼い主の家の住所わかる?」

ときかれたんだけど、そんなのわかるほど冷静に襲われるやつがいるのか?
って逆に聞きたいくらいだった。
「わかりません」と答えると

「仕事で通る道なんだよね?明日の朝にでも調べて電話で住所教えて」

といわれた。
・・・ってことは、私もう一回襲われなきゃいけないってことかい??(怒)
すっごい狭い範囲で場所をいったんだから(細かく犬の特徴もいったし)
そのへんの家を3軒くらい尋ねていけばすぐに探せるってー!って
思ったんだけど、とりあえず「わかりました」といって帰ってもらいました。
(なんせ家着が恥ずかしくって)

あの事件から、わざわざ早起きして
違う道通って仕事いってるんだよね。
だからわざわざ住所調べに(襲われに?)行きたくないわけで・・・

アンちゃんに車で行ってもらって、住所を突き止めるしかないな。
そういわれるとどの家から犬が追いかけてきたかも
定かでなくって探せるのか不安・・・
[PR]
by billyboo | 2005-12-10 01:50 | 育児