<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トロピカルサイクロン

最近、天候がおかしいです。
この写真を見てもらえるとわかるように、半分青空、半分雨上がりで虹が出てます。
f0020703_2058469.jpg

お天気雨が降ったり、突然すごい量の雨がドカーン!と降ってきたり
予想がつかない天気です。
ブルームがウェットシーズン(雨期)であることもそうなんですが
ただいまトロピカルサイクロン(熱帯低気圧)が近づいてきているせいでもあります。

このトロピカルサイクロンてやつが、よくブルーム周辺をひやかしに来ます。(笑)
アメリカのハリケーン・カトリーナでもおなじみですが
やつらにはかわいい名前が付いてます。
日本みたく「台風2号」なんて素っ気無い呼び方しませんよ。
(カテゴリー4とか言う言い方はありますが、規模のデカサの単位ですね)

前回いらっしゃったサイクロンさんは男性でして
お名前をサイクロン・Daryl(日本語表示できない発音です。汗)とおっしゃりました。
今回は女性でサイクロン・Emmaさんというそうです。
男女交互で名前がつけられて、AからZ並びでAndrewくんきたら
じゃ、次Bonniちゃんいってらっしゃい、みたいなノリです。(どんなノリでしょう?)

たまには国際色豊かに、サイクロン・シンタロウ(日本風)とかサイクロン・キム(韓国風)
サイクロン・ピロシキ(ロシア風)←それ名前ちゃう、なんてのも使って欲しいです。
[PR]
by billyboo | 2006-02-28 21:23 | 育児

オーストラリアの生理用ナプキン

当然こんな話題?なんですが・・・(男性にはつまらない話題ですみません)

日本にいる方で女性の方だったら、海外旅行に行くのに現地でナプキンが買えるか?とか
果たしてどんなもの??って疑問に思うことあると思うんですよね?
私がはじめてオーストラリアに来たとき、数パック日本から持参してきました。
どこかの情報で「海外のナプキンはおむつみたいに大きくて分厚いのばかり」
と聞いていたのでやだな~って思っていました。

でも実際、オーストラリアに来てみて「そこまで悪くないな」と思いました。
あの当時は日本の超薄型みたいのは主流ではなく
ちょっと厚めサイズが多かった気がします。
唯一「ウィスパー」(こっちでも売ってます)が薄いのを売ってましたが
普通のに比べてお値段もそれなりによく、私は一回も使ったことがありません。(汗)

でも最近はほとんど薄型が多いです。うれしいことです。
私がよく買うブランドはここ(Libra)のもの。↓
f0020703_18474051.jpg


いつも思うのが、日本のものに比べてパッケージがかわいいってことです。
これはシマシマですが、水玉とか和風なのとか結構いろいろあります。
これならバッグにそのまま入れてても違和感ないです。
(でもオージーはなんだかすぐわかっちゃうか 汗)

薄さ加減はこんな感じで
f0020703_18521811.jpg

なかなかなもんです。がんばってますよ、オーストラリアも。

そして普通サイズを買っても、日本のものに比べると結構長さがあっていいです。
オージーはやっぱり体が大きい人が多いので、彼女らの「普通」が
私たち(アジア人)にとって「普通」でないことがあります。
(でも私はこのサイズが気に入ってます)

でもやっぱり日本製が一番。
どこがいいかというと、袋から出した時、しっかりきれいに折れてる。
こっちのはしわしわだったり、かどが折れてたりして
つけるときに必ず折れを直しながらつけてます。
(こういういい加減さがさすがオーストラリアですね)
それに日本のは、羽つきも一気にシールが取れるとこがいいですよねぇ~

そんなちょっと負け気味のオーストラリアのナプキンですが
日本にはないおもしろいものがついてます。
↓これ、真ん中のシール部分なんですが・・・
f0020703_1914034.jpg

まめ知識みたいのが書いてあるんですよ~(笑)

こんなの、トイレに入ってて読む人いるんでしょうか?
私もいままで気がつかずにいました。
今回、このブログを書こうと思い立って初めてじっくり読んでみたんですが
これが結構おもしろいくて「へー!!」ってなりました。

どんなものかというと・・・

<まめ知識>
○毎分、40人の人が犬に噛まれて病院に駆け込んでいる。
○チャーリー・チャップリンは「チャーリー・チャップリンそっくりコンテスト」で3位に入賞したことがある。
○ピーナッツはダイナマイトの原材料のひとつである。
○英語にはmonth, orange, silver, purpleの言葉と韻を踏むものがない。
○人間は切手を一回舐めるごとに、0.1キロカロリー燃焼している。
○飛行機での旅が、一番安全な交通機関である。
○左側の肺は心臓のスペースを確保するために、右側の肺より小さい。

オーストラリア在住の女性の
これからはトイレに入ってこのトリビアを読み忘れないように!!
結構ためになるし、ほかのも読みたくなっちゃいました。
[PR]
by billyboo | 2006-02-13 19:21 | おもしろ発見

遅すぎるクリスマスプレゼント

発表するのが遅れてしまいましたが、1月14日に私とアンちゃんのクリスマスプレゼントが届きました。
ジャジャ~ン!!!これです↓
f0020703_2256461.jpg

念願の新車です!買っちゃいました、ついに・・・
(っていってもこれからお金払ってくんですよっ)

この車がくるまで、アンちゃんの兄(今、メルボルンに滞在してます)
にずっと車を借りてました。
以前のブログから飛んできてくれた方はご存知かと思いますが
私たちが以前買ったオンボロ中古車は、6ヶ月前に修理工場に預けてから
いまだ戻ってきません。もう直る見込みがないんですよね・・・(あきらめ)

そんな中、アンちゃん兄が2月にブルームに戻ってくると聞きました。
一時的にでなく、戻ってくるそうなので車も返さなくてはいけない・・・ガーン
やばい、それまでに車をなんとかしなくては!!!と焦った私は実行に移しました。
欲しかった写真上↑の車(Nissan X-trail)がなんと年末だったため
クリアランスセールをやってました。(日本でも年末は車が安くなりますよね)
TVでしつこいくらいCMを見ては「絶対今買うべきなんだ・・・」と暗示に(?)かかり
とりあえずは見積もりを、と思いバイクをこいで(ホットなお客ですよぉ~)
Nissanのディーラーに駆け込みました。

このお店の名前がまたいいんですよ。
f0020703_2374452.jpg

さすが、ブルーム!「シンジュ(真珠)・ニッサン」ですよ!!!
オーナーが日本人?と思いきやフレンチでした。(わかりずらいっ)

まず、車を買うのが初めてなので(日本でも買ったことないです)
どうやって値引き交渉していいのかわかりませんでした。
なにかと引き合いにすればいいと思ったのでインターネットで
ディスカウントの新車が買えるサイトの値段を目安に
これより安くできるのかどうかで交渉してみました。
そしたらものすごく簡単に値引きしてくれちゃいました。
($2000ほど←日本円で18万くらい)

車を買うとなると、車体本体価格だけでなくそれから税金やら色々
それを含めるとまた相当な金額になりますよね。
でも年末のセールということで、これらの細々した金額すべて無しにしてくれました!!
レジストレーション(車の登録料。これが高くて毎年払うのがイタイですよね)
もついてくるといわれ、まぁ、きっと半年分でしょう、と思っていたら1年分!!
(すんばらしひ!鼻血)
なので車本体価格のみ(マイナス$2000)で、そうとうなディスカウントになりました。

でもそれだけじゃない!
もっとうれしいことに$1000(日本円にして8万くらい)の無料ガソリン券まで頂いちゃいました!!
ガソリンも今はとっても高いから馬鹿にできませんよね。ありがとうNissan!!!

せっかくだからということで、アンちゃん希望のルーバー(カンガルーよけフロントバー)と
二人の希望の窓のティントをしてもらいました。
(ルーバーについてるスポットライトはアンちゃん父からのクリスマスプレゼントでした)

車が着てからの毎日は、もうバイク生活とは比べ物にならないくらい快適です!
このくそ暑いブルームでバイク生活は限界があります。
今はヘルメットをかぶる必要がないので、髪型も自由。(笑)
エアコンがあるので、窓を開ける必要がなく
髪の毛がモッサモサにならずに済む。(髪型のことばっかじゃん!!)

高い買い物でしたが、後悔は0(ゼロ)です。
車に乗るたびに「あぁ、思い切って買ってよかった・・・」って毎回思います。
そして乗り心地、運転しやすさ最高!
X-trailオススメですよ!
[PR]
by billyboo | 2006-02-09 23:48 | 育児

仕事場でのカルチャーショック

先週末からずっと仕事だったんですが
今週からなぜかホテルのレストランで、ジェネラルマネージャー(総支配人)が働いてました。
ジェネラルマネージャーだから個室のオフィスでお仕事してるイメージなんですが
なぜか彼女はレストランで、ブレックファーストの支度と後片付けを
レストランのスタッフとともにやってました。(なんでだろ?)

それから彼女は昨日もそうだったんですが、受付で働くスタッフに
紅茶を入れて持っていってあげたりしてました。
これにはびっくり!
日本じゃ上司が部下にお茶なんか入れないでしょ?
昨日、それを見て「うおぉ、日本じゃありえない光景」と思ったんですが
今日も「Cup of tea~♪」って言いながら運んでました。
そして私にも「ヨシも紅茶飲む?」と聞いてきてくれたので
私もありがたくいただいちゃいしました。
でもなんか申し訳ない、居心地の悪い気持ちになりました。
(受付の部下は平然としてましたよ。アリなんでしょうかね、こういうの普通に)
[PR]
by billyboo | 2006-02-08 18:36 | 仕事

15歳での出産

昨日、ニュースだったかそれ系の番組で、15歳で子供を産んだ子の話題をやってました。
相手も同い年の男の子で、ふたりともまだ学生で制服着ながら学校に通ってました。
なんか、番組的には「若いカップルだけど、がんばって!」的な流れで放送してましたが
私はこれってどうなのよ~って思いながら見ちゃいました。

まず、15歳なんてまだ「子供」ですよ。
お金を稼ぐことも知らないし、お酒も飲めない、まだまだ親と一緒に暮らしてるような
ひとり立ちしてないガキです。
そんな子供が、子供を産んでどうやって育てていくの?って疑問に思いました。
平日は学校へ・・・週末はふたりで赤ちゃんのお世話してます、なんていってたけど
それってほとんど彼らの親が世話してるんじゃん!
子供にかかる費用だって、彼らは働いてないわけだから
きっと親が全て出してるんだろうし、そういうのって「子供を育ててる」とは言えないんじゃないの?私は思いました。

今はきっと生まれたばかりの赤ちゃんの世話も楽しいでしょうけど
これから彼らが少しずつ大人になって、お酒を飲んだり、友達とパーティーしたり
夜通し遊びたいことだって1回や2回では治まらないと思います。
そんな時はどうするんだろうか?

以前、アメリカの番組で、幼い子供を持ったとっても若いシングルマザーのお母さんが
自分の母親から文句を言われている番組を見ました。
「友達にパーティーに誘われたからって、子供をほったらかして朝帰りなんてするべきでない!」という母親からの訴えでした。
娘は若くして子供を持って、今やっと好きなことができる(仲間と出歩いたり、騒いだり)
時期に来て、子供を育てることより、自分の青春を満喫しはじめちゃったらしいです。

私、個人の意見だけれど、自分の青春時代を送る前に子供を作って落ち着いたら
いつかきっと「こんなはずじゃなかった・・・」って後悔することがあると思います。
私がこの15歳の子の母親だったら、娘のこと、生まれてくる子供のことを考えたら
産むべきではない!と強く反対すると思います。
でもこの15歳の子の母親も15の時に初の子を産んだらしいから
彼らの人生ではそういう道もアリなのかもしれないけど・・・私は納得いかないな。
母親はきっと若くして子供を産んで苦労しただろうに
娘にも同じ苦労を負わせたかったのだろうか?
それとも「産むべきでない」って説得できなかったのかな?(自分もその歳で産んでるがために)

オーストラリアでは、日本ほど中絶手術が簡単ではないと聞いたことがあります。
この辺だけかな?中絶手術を受けるには、かなり離れた街まで行って行わなければいけないと聞きました。宿った命を絶つことを「殺人」扱いするようなことも聞くけれど
望まれずに生まれてきた子供の人生を考えたら、私は中絶も悪い選択ではないと思ってます。
まず、避妊もまともにできずに計画性のないことをしてしまう若者(子供)が
子供を産んでまともに育てていけるわけがないんです。(辛口ですがそう思います)

TVで見たあの若いカップル、これからの人生でいつか立ち止まって
いろんなことを考える時が来るだろうと思います。
[PR]
by billyboo | 2006-02-07 20:10 | 育児