<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Mask

数週間前、仕事をしていたらガーデナーのBに突然
「Billyboo, I have something to tell you...(話があるんだ)」と言われた。

数ヶ月前、Bはガーデナーの仕事をしながら、ホテルにあるレストランで、ある写真を撮っていた。それはブレックファーストで使っているシリアルが入った長細いシリアルケースだった。なんでそんなもの撮ってるんだろう?デジカメでも新しく買って試し撮りでもしてるのかな?と思った。

「新しいカメラでも買ったの?」と聞いたら「いや、これは○○(←Bの彼女)ので、僕のじゃないんだ。」と言う。「・・・なんでシリアルケースの写真を撮ってるの??」と聞くと、彼は少し間をおいて「実は僕、絵を描いてるんだよね。」と言ってきた。

彼とは深い話をする仲じゃなかったから、彼がどんな人なのかよく知らなかったんだけれど、絵を描いてるイメージはこれっぽっちもなかったのでものすごく驚いた。私も絵を描いたりするのが好きな方だから、へーへーへー!!!って思ってどんな絵を描いてるのか興味津々でいろいろ聞いてしまった。
「Bの書く絵、見てみたいな~。展示会とかないの?」と聞くと「2ヵ月後に自宅で展示会とまではいかないけどそれっぽいものをやる予定だから見においでよ。」と言われた。

それから1週間後、Bが「展示会をここ(ホテル)のファンクションルームでやることにしたんだ。」という報告があった。せっかく自分の才能をみんなに見てもらうんだから、大きな場所で正式にやったほうが宣伝力もUPするし、それはいい案だね、と私も一緒に喜んだ。

彼から「話があるんだ。」といわれたのはそれから1ヶ月後くらいだった。
あらたまって一体何の話だろう?展示会で新しく決まったなにかの報告かな?なんて思っていると彼が

「ずっと言わなきゃいけないと思ってたんだけど、なかなか言えなくってね。」なんていってきた。

え?愛の告白?なーんて思いはしなかったけれど(笑)何を言われるのか正直怖くなった。「悪いことじゃないからそんなに構えなくていいよ。」なんていわれてしまって、話を聞いているとなんと展示会に出す絵の中に私をモデル(というのか題材?笑)にした絵があると言うではないですか!!

彼が言うには、ある日、普通に仕事をしていた時、私と挨拶を交わした何気ない時に、私の顔が彼にすごいインパクトを与えたんだそう。(どんなだろー 汗)こんな風に書くとうぬぼれてるようで嫌なんだけれど「君の顔がとっても美しかった。」と言われましてなんらかの絵の素材になるものを見出したらしいのです。(私はシリアルケースと同等なのか??)

そういわれてみると、ある時彼に「billyboo、you are glowing!」と言われたことがあった。日本語でいうと「光り輝いてる」というかそんな感じ。よく妊娠してるんじゃない?なんて言う時に使われる言葉なんだけど、そのとき私は「妊娠なんてしてないよー!笑」ってふざけて答えた。もしかして彼がいってた「ある日」ってその日かな?と思った。

「で、なんていう題の絵なのか聞いたところMaskっていうんだそうです。(そこの君、笑わない!)マ、マスク?どんな絵だろ~・・・。
マスク・・・マスク・・・マスク・・・

どうしよう・・・

f0020703_08330.jpg

↑こんなんが描かれていたら・・・(絶対いやだっ!号泣)

「写真じゃないし、君をそのまま描いてるわけじゃないからほかの人が見てすぐbillybooだ!ってわかるものではないよ。」というので、じゃあ、あえて私に言わなくても(許可を取らなくても)よかったじゃん、と思ったんですが「君が見たらわかると思う。」と言われました。

それってどういうこと??
他人が見ても気がつかないけど、本人が見ればわかる・・・。
もしかして能面に私の顔のホクロがかいてあったりするんですかぁ~っ?!?!?!

そして彼に「ある人は"こんなの私じゃない!"っていったり人もいるけど、僕の絵はその人本人をそのままに描いてるんじゃなくって、その人からもらったインスピレーションで書いてるから、君が見て"これが私??"って嫌な気分になって欲しくないんだ。」と言われました。
ますます見るのが怖いんですけど・・・。

でも、わかります。
アートってそういうもんですよね。描いてる本人の世界だから、他人が口出しするものではないです。ピカソのモデルだってほっぺたに口がついてたわけじゃないと思いますし・・・。(笑)

Bはこれを私にどう話そうかと長い間考えていたそうです。あなたをモデルにした、なんていうとなんか勘違いされてしまう(下心があるみたいな)そうとらえられないか心配してそうです。もちろん彼には彼女(プラス子供)もいて、私もアンちゃんがいることをお互い承知だし、彼が私に下心がある感じはまったくないです。そしてBは自分のアート感覚を話しながら(私から感じたインスピレーションのことなど)おかしなこといってると思われてるんじゃないか、それも心配してました。

私はBのいう感覚をとってもよくわかるし、彼に上記のことを言われて、なにも嫌に感じなかったし、それよりも私を描いてくれたことがうれしかったと伝えました。彼はその「Mask」に一番のお金を費やしたそうで彼にとっては大作だそうです。

もうすぐやってくる彼の展示会が待ちどうしい(プラス、ちょっと怖い 笑) です。

===========================================
後日報告

行ってきました、展示会!

「白塗りの能面」はどこだ~と探したんですが、私が見つけた「Mask」という名の絵には
ジャパンを感じるものはまったくなく(汗)なんだこのダッコちゃん人形みたいな顔は???
というツッコミをいれたくなるような、茶色い顔をしたかわいいMaskでした。(笑)
かわいいってのはなんか子供の絵本に出てきそうな挿絵的な絵で
茶色くって(ぜんぜん白塗りじゃなかった 汗)まつげが長くて(私まつげさみしいくらいしかないのに)これをみて「あ!これ私だ!」ってぜんぜんわかりませんでした。汗
でもまあ、アートの世界ってことで納得しときました。

ここに載せるために写真でも・・・と思ったんですが
やはり売り物なので写真に収めることはできませんでした。残念!
[PR]
by billyboo | 2006-06-07 22:41 | 育児

気温13度

今朝は寒かったです。
常夏のイメージのあるブルームですが、今朝の気温は13度でした。
ここ最近、朝夕は結構寒いです。仕事の制服が半袖、ショーツなので毎朝薄手のジャンパーを着て行くんですが、今朝は長ズボンを履いてくればよかった!と思ったほど足にも鳥肌が立ってました。

朝夕はそんなでも、日中は29度くらいになります。
このくらいならば半袖でいないと暑いですね。でもこの気温の変化で、風邪を引きそうになります。今朝も少し鼻水が出てました。(笑)

そんな心配をしていたら、タイミングよく職場で無料のインフルエンザの予防接種をやってました。注射が怖かったけど無料だって言うんで喜んで受けました。
やっぱり風邪を引きやすい時期なんでしょうかね?

寒くなるとうれしいのが紅茶なんかの温かい飲み物がおいしく感じること。
朝も必ず紅茶を携帯カップに入れて仕事に向かいます。それと重たい布団をかけながら寝るのも好きです。寒い時期を長い間過ごしていないと寒さも恋しくなりますね。
でも寒い日に暖かいベッドから起きるのは絶対嫌です。これだけは大嫌い。
ブルームはそこまで気温が下がらないのがいいところです。

たぶんこれ以上は寒くなることはないと思われるブルーム。
寒さと暑さを両方味わえる今の気候、私は結構好きです。

P.S.
今日は2006年6月6日。「666」と三つ並ぶとこっちの人は不吉がりますね。
問診表を書きながら、みんな「ひぇ~666が三つ!」って言ってました。
「オーメン」っていうホラー映画のせいです。(笑)あと一般的に不吉な数は13ですが
うちのホテルでもやっぱり13とつくルームナンバーはないです。日本の修学旅行で4号車がないのと同じですね。ほかの国では何番が不吉なのか知りたくなりました。

ふと気がつくと200666日の日記のタイトルが「気温13度」・・・。
不吉なナンバー勢ぞろいなんですけど。
[PR]
by billyboo | 2006-06-06 19:14 | 育児