<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

超特急な毎日

夏の終わりに、最後の勢いで鳴くセミのように、日本帰国前に必死で働く私がいます。(笑)

朝、暗いうちから夕方日が沈むまで、ほとんど1日を仕事に費やす毎日・・・。
(私の代わりのボスがなんだかんだで休暇取りすぎっ!)
普通は週休2日なのですが、今週はぶっ続けで8日出勤。
一日中歩きっぱなし+時間に追われる仕事なので、最後の最後まで気が抜けないので
多分すごく疲れるんだと思います。
仕事で使う全ての鍵を受付に返して、車に乗り込むとダーッと疲れが出ます。
もうこうなると家事ができません。
スーパーによってちょっと買い物でも、っていう気力もなかなかでず
とりあえず家に帰って一休みしてから考えよう、ってなります。
(結局動けなくなるんですが・・・苦笑)

こういうときに、日本みたくおいしいお惣菜が売っていたらどんなに楽か・・・って
よく思います。疲れたときはそういう簡単なもので済ませたいのですが
オーストラリアでそれをするとなると・・・テイクアウェイ?
レストランだと高くつくし、だからといってマックとかでもなんかなぁ。
・・・って結局ジャスコのお惣菜が恋しい、ってところにたどり着きます。

あと1ヶ月程で日本です!
本当にあっというまで焦ります。飛行機は取ったものの、日本での計画がまだたってません。
その前に今いる家を引っ越すので、その荷物詰めやら片付け、日本に行くためのパッキングやらやるころは山のようにあるんですが、な~んにもできてません!
この1ヶ月ですべて片付くのか心配だけはしてるんですが、実行に移せず・・・。
頭の中で計画は練れているんですけどね~。笑

今からちょっと買い物に行って、7時半からAustralian Idolを見て、9時には寝ます。
あぁ~次の休みまで後何日あるんだろぉーっ???
[PR]
by billyboo | 2006-08-20 19:39 | 育児

風邪

数日前から風邪気味で、寝込むまでいかないけれど
なんかだるいのがずーっと続いてます。
思い出したようにくしゃみがでて、鼻水がダーって感じで一気にだるくなります。
数日間この繰り返し・・・。
忙しいので仕事も休みたくないし、でも体を休ませないと治らないしで
たった1日の休日に家でジーっとしてたんですが、朝はよかったのに
午後からまた頭が痛くなってしまいました。
ボスに「調子悪いなら早めに電話してくれればOKよ。」といわれたけれど
私が休んだことで代わりにでてくれた人の休日をダメにしてしまうのが心苦しく
(自分がその立場だったらやだもん)無理して仕事にでてるのがいけないのかな~と思ったり・・・。

社員みんなで予防接種をうけたくせに、なんだかみんな風邪引いてます。(笑)
寝込んでないから一応注射は効いてるんでしょうか??
朝ひんやり、昼間あっつい、夜寒い、のこの温度差がいけないような気がします。

2回目のタックスリターンにいって来たところ、踏んだり蹴ったりなでられたり、でした。(どんなだ?)
というのも、2度目の予約の日、数時間前に電話がかかってきて私の戻ってくるタックスの額が間違ってました、とお知らせが着ました。(汗)$700ほど引かれてました。
私が心配していた「2つ目の仕事」の方を全然計算に入れてなかったようで「一日に20件もタックスリターンしてるとこういうこともよくあるのよね。」っていう言い訳してました。(コラッ)
まぁ、仕方ないってことで、予約の時間に去年分の書類を持って、今回はたいしてもらえないってことで期待せずに会計事務所へ向かいました。

私は去年たった2ヶ月しか働いてなかったので、払った分はそのまま戻ってきました。
アンちゃんは今年と同じくらいだろうな、と思っていたのですが、これがなんと逆転ホームラン!
今年の私の返金額を追い越してすごい額が戻ってきました!!!!
・・・というのは、私がビザの関係で働けなかった時期、アンちゃんは収入のない私を養ってくれてました。(若いのに文句のひとつも言わず 涙涙)
どうやらそれが多額のタックスをもらう要因になったらしいのです。
タックスのことについて詳しくないのでそのくらいしかわかりませんが、まーったく期待していなかっただけに驚きは大きく、アンちゃんが手をつける前に、家を買う頭金貯金に速攻で入金するつもりです。(笑)

話がどんどん飛びますが、去年11月に左側の親知らずを抜きに日本に帰りましたが
昨日、もう片方の右側の歯茎から親知らずが生えはじめているのを発見!
食べ物がはさまってる?と思って舌でさわってみると歯がっ!!!!
どこにもぶつからずに生えてきているので痛くないので救われてますが
なんだかもう親知らず恐怖症です。
お金はかかるし手間はかかるし痛いしで、今回は前回のように問題児(歯)でないことを祈ります。日本に帰るけれど歯医者通いはもういやです。
私、29歳ですが、成長期?なんでしょうか。
[PR]
by billyboo | 2006-08-14 18:12 | 育児

タックス・がっぽり・リターン!

今日は仕事がお休みだったので、お昼から予約しておいた会計事務所に
タックスリターン(確定申告)にアンちゃんと2人で行って来ました。

ワーホリでオーストラリアに来たとき、とりあえずタックスファイルナンバーを取得しておきました。(でも結局一回も働かずに終わってしまったんですが。汗)
去年、仕事を始めてからずーっと「非永住者」として高額のタックスを支払い続けてきました。
タックスオフィスに、非移住者から移住者へと変更します、の連絡をすればよかったんですが、どうせタックスリターンで戻ってくるのだからと、貯金感覚でそのままにしておいたのです。なので今年のタックスリターンは払いすぎていた分が返ってくるということでちょっと楽しみにしてました。

まずはアンちゃんから申請。
早々申請していた弟からどのくらい戻ってきたか聞いていたので、とりあえずはどのくらいもらえるか予想してましたが、予想どうりのまぁそんなもんでしょ、という額でした。

そして私の番。
2つの仕事を掛け持ちしていた時期があり、二つ目の仕事のほうがタックスがそれほど引かれていなかったため、そこがちょっと不安でした。もしかしたら余分に支払わなくてはいけないかもしれない、ってことで期待しつつもあまり期待しないで?いました。(ハラハラドキドキ)

会計事務所のお姉さんが「あなたがもらえる額はXXドルです。」と伝えられたとき
アンちゃんと私、ふたりでひぇぇぇ~!!!!って目がむき出しになりそうでした。アンちゃんの額の5倍もありました。お姉さんにも「う~ん、これはいいわねぇ。」なんていわれました。

実は去年分のタックスリターンを2人ともまだやっていなかったので、2年分持っていったんですが、今日は今年分の申請をする時間しかなく、もう一回予約を入れてもらって、今度は去年分のタックスリターンをします。
私はたったの2ヶ月しか働いていないので、今年の分ほどタックスは返ってきませんが、2ヶ月で払ったタックスはたぶん全額戻ってくるのではないかな?と思われます。アンちゃんも今年と同じくらいの額をもらえるであろうと予測して、タックスリターンで戻ってきたお金は9月の日本旅行への資金にまわします。うしししし~。

話は変わって、今朝、ふと「あれ?今8月だよね?」とあることを忘れていることに気がつきました。8月と言えば私とアンちゃんのお付き合い記念日がある月です。
というか、3日だったんです。すっかり忘れていてました・・・。(カレンダーに書くことすら忘れてました。汗)
毎年、とくに盛大に何をするわけでもないのですが、記念日には必ず私が「今日は付き合って何年目だよ。」ってことをアンちゃんに伝えてました。そしてアンちゃんも「あぁ、もうそんなに経つのかぁ」って感傷に浸る・・・とりあえずそれだけは毎年かかさずやってました。

言い訳ではないけれど、今年は忙しかった!
特に8月頭頃は、いろいろ考えることや計画を立てることが多くて、アンちゃんとに付き合いを振り返っている暇(なんか冷たい言い方だな。汗)はありませんでした。
同じく、7月にあった母親の誕生日もすっかり忘れていて、ついこの間メールで謝ったばかりでした。日本に行くまでにやっておかなくてはいけないことが山のようにあって、今でももがいてる感じです。

そんなんで、今朝ベッドに入ってボーっとしていた時、ふと思い出したんです。

アンちゃんと付き合い始めて今月で4年経ちました。
4年も経つと記念日なんてこんなものかしら・・・。ちょい寂しいです。
とりあえずなんか祝いたいよね(っていうかまだビザのお祝いもしてなかった!)
とにかくすべてまとめて(全部流れちゃう前に 笑)とりあえず乾杯しておきたいです。
[PR]
by billyboo | 2006-08-07 18:43 | 育児

幻想的な夕暮れ

今日の夕方、職場のみんなでカフェレストランに集まりました。
一緒に働いていたEちゃんがお仕事をやめるので、お茶でもしようってことで集まったのです。

時間帯は5時頃。
私はこの時間にはいつも仕事を終えて、家で一息つきながら「No Deal!!」なんて叫んでいる時間帯(この番組を見ている人いますでしょうか?)なので、この時間帯に外に出たことがありません。

しかし、カフェでみんなとお別れした後、夕方の景色があまりにもきれいだったので
近くのタウンビーチまでカメラを持って行ってみました。
ちょっと肌寒くて、仕事場から直行した私は制服(半袖)だったため、鳥肌が立つくらい寒かったのですが、その気候がよかったのか、空がすごく幻想的でした。

タウンビーチにはこの夕暮れを見ながら、椅子に座ってワインを飲んでる人たち、私のように写真を撮る人たち、ゆっくりビーチを歩く人たちなど、みなそれぞれその幻想的な夕暮れを楽しんでいました。

撮った写真の中で気に入っているのがコレ。
f0020703_196915.jpg

この鳥居を見るたびに、天女や浦島太郎が出てきそうな気がするのです。
[PR]
by billyboo | 2006-08-05 18:47