<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

友達の幸せな出来事

あえて名前は出さないことにしましたが、私が妹のように、時には姉のように思う
大切な友達からHappyなニュース、ということで妊娠したことを告げられました。

妊娠発覚してからまだたった2日。
安静にしていなければならないだろうし、この先無事に赤ちゃんが育つかまだたった2日ではなんともいえないので、うれしいニュースだけれど名前は出さずにします。

彼女と初めて出会ったのは私二十歳、彼女が14歳の頃。
体は私より大きかったけれど、まだまだあどけない14歳でした。
それから10年間、近くにいたことも、遠く離れていたこともありましたが
ずーっと仲良く、縁途切れることなくいままできました。

初めてタンポンを使う彼女に入れ方を教えてあげたり(笑)
彼女の隠し持っていたタバコを、お母さんが部屋の掃除をするからと
私のタンスに隠してあげたり、初めてできた彼との赤裸々な出来事など(笑)
ティーンネイジャーから大人になるまで常にかかわってきた彼女がついにお母さんに・・・!

なんていうか、友達が妊娠したのとはまた違った感覚で
なんともいえないうれしさと期待感、彼女の数ヵ月後に自分が母親になること
(初めての経験)への不安感など、彼女の成長を見てきたから、彼女の今思う気持ちが手に取るようにわかってまるで自分が妊娠してるみたいな気持ちになってます。

そのニュースを聞いてから、なんだか興奮が冷め遣らず
今日はお休みだっていうのに、朝早くから目が覚めてしまい
彼女にe-Cardを送って、ebayで私の持ってるBabyJournalが売られているかチェック。
さっそく購入して、来週にでも彼女にプレゼントする予定です。

数ヶ月前、彼女に「XXちゃん、妊娠したんだよ!」と共通の友達のおめでたいニュースを教えてあげたところ「私の周り、今み~んな妊娠してるの?はやり?」なんてふざけていた彼女。あっという間に仲間入りしてしまいました。
私のほうが(年齢的に)絶対先だって言ってたけれど、突然立場逆転。
でもずーっと付き合ってる彼(8年目かな)とはいつかそうなるだろうと
時間の問題でもあったのでこの結果もうなずけます。
でもあと1年ほど待ってくれれば、一緒に妊婦ライフ送れたのにぃ~!
それがちょっと残念です。

彼女とお腹にいる小さな小さな赤ちゃんが、無事健康でいられますように
遠く離れたブルームで、私はただただ祈るばかりです。
[PR]
by billyboo | 2007-02-28 09:24 | 育児

忘れられない誕生日

今日は私の30歳のバースデーでした。

区切りがいい数字だし、なにか盛大に祝おうかなーと思ったりしたんですが
特に何って言う予定もなく、仕事もお休みしようかなーとは思ったものの
2日行けば休みだし、っていうなんだかやる気のない誕生日でした。

数日前のバレンタインデーで、アンちゃんの人生の中での一大イベントにも匹敵する?
プロポーズを終えていたので、肩の荷が下りて、私の誕生日なんて忘れてるんじゃないかな?と本気で思ってました。

そんな乗り気でないお誕生日の朝
目覚ましがなる前にアンちゃんが「billyboo、今日何時に起きるの?」と聞いてきました。
「え・・・?6時だよ・・・。」と半分寝ながら半目を開いて答えると
アンちゃんが「これ、朝ごはん。お誕生日おめでとう!」と寝ぼけてる私の目の前で
お皿とコップを持って立ってました。

上にも書いたとおり、「覚えてるのかな?私の誕生日」くらいの期待だったので
朝食を作ってくれているとは思いもせず・・・。
お腹もすいていないのに、うれしさ一杯でがっついて食べました。(笑)
そしてアンちゃんのいれるスペシャルコーヒー(入れ方がなんか違くておいしい)を飲んで
エネルギー満タンでお仕事へ・・・。

特に「今日私の誕生日なんだー♪」なんて誰に言うこともなく、静かに仕事を始めました。
1時間後、ハウスキーパーのVさんが「おはよ~」と現れたかと思えば
「お誕生日おめでとう!」とチョコレートとヘアクリップ(私が毎日仕事で髪をまとめてるのを知ってるので)のプレゼントをくれました。これまた感激!!!
数日前に「もしかしたらこの日、お休みするかもしれない。」って言ってあったんです。
「なんで?」と聞かれたので「お誕生日なんだ」って答えたのを覚えていてくれたようです。

そんな感じでスタートした私の誕生日は、も~スーパー忙しい日!
やっぱ休みとっておけば良かった??なんて思いながらも
朝からのアンちゃんのうれしい出来事やVさんのうれしい計らいで気分はハッピーでした。

受付で働く人と現場で働く私は、常にトランシーバーのようなものでで連絡を取り合うのですがお昼ごろから突然、
「ちょっとbillyboo、お誕生日なんだって?おめでとう!なんで黙ってたのよー!」
というメッセージが入ってきました。
(誰が教えたのかはいまだに不明)

ハウスキーパーのTちゃんが腹痛で早退してしまったため
私が一人二役をやらなければならなくなり、本気で忙しい日でした。
しかし、他の部署で働く同僚が用事があって受付に行くと、誰かが必ず「今日billybooの誕生日よ!」って言ってるんでしょうね。時間差で代わる代わるトランシーバーにおめでとうのメッセージをくれて、疲れてふぅふぅ言いながらも、心はずーっとうれしさで満たされてました。

夕方4時頃、まだ仕事中だった私は、仕事に向かうアンちゃんを家に迎えに行かなくてはならず、しかし、正確に何時に仕事が始まるのかわからなかった私は、オフィスにいってデューティーマネージャーのMさんに「アンちゃん、今日何時に始まるか知ってる?迎えに行かなくちゃいけないんだけど、まだ私仕事終わってなくて。」というと、Mさんの隣にいたS君が「アンちゃん、今日休み取ってるよ」っていったんです。

そしたらすかさずMさんが
「あ、何時でもいいよ。6時でも7時でも。billyboo、お誕生日なんだって?
前もってしてったらラッピングしたんだけどなー!」とまくし立てたあと白ワインを渡してくれました。

S君の言ったことと、Mさんの言ったこと、おめでとうの言葉と、白ワイン。
一気にすべて言われたのでちょっとパニックで「えーと、ありがとう!!」とまずお礼を言ってから、「じゃ、アンちゃんは何時に来てもいいの?」とMさんに聞きなおすと「billybooが仕事終わってからでいいよ。」って返事でした。
何時でもいいってなんか変だな、って思ったんですが、忙しくないのかな~と思い
「よかった、私もまだ仕事終わってないから、その方が好都合」といったら「急がなくっていいわよ~」ってことでした。

オフィスを後にして、数分後にアンちゃんに電話。
「今日何時に仕事行く予定なの?まだ私仕事終わってないんだよね。」
というと、「え~と・・・ね・・・うーんと・・・」となんだかはっきりしない返事。
「Mさんにさっき聞いたんだけど、何時に来てもいいって言ってたよ。なんで?」
と聞くと、「う~ん・・・実はね病欠取ったの」というではありませんか。
私、とっさにずる休みしやがった!と思い込んで「なんでー?(怒)」というと
「実は今、夕飯作ってて。billybooの大好物。billybooをもてなすために今日実はお休みしたんだ。」っていうではありませんかっ。

私の軽い怒り一気に撤収。(笑)
S君が言った「アンちゃん休み取ってるよ」を一気に打ち消したMさんの言葉には
裏があったんだと、このときやっとわかりました。
何時に来てもいいなんて、おかしいと思ったよ~そういうことだったのか~
と言ったら、アンちゃんのところに私より先にMさんから電話があって
「今billybooにあなたの仕事のこと聞かれたけど、変なこと言っちゃわなかったかなぁ~。
あなたのサプライズを壊してなきゃいいけどっ」って心配の電話があったそう。
アンちゃんも嘘つけばいいものを、性格的に「ついていい嘘もつけないタイプ」なので
ドバーっと電話口で全部いっちゃってるし。作ってる夕飯もサプライズ、っていいながら
billybooの大好物、って半分言っちゃってるし。笑

仕事を終えて家に帰ると、すっごい散らかったキッチンで、アンちゃんが海老と格闘してました。アンちゃんが作ってくれた私の大好物とはコレ↓
f0020703_8333528.jpg

Garlic Prawn

大好きなライム入りのCoronaBeerと食べるこのGarlic Prawn。
仕事で疲れた体にじわ~と染み渡り、一口食べておいしくてうれしくて涙か出てしまいました。
アンちゃんに対して期待していなかった自分に罪悪感。
こんなに気を利かせてくれて、私のことを思ってくれて
改めてなんていいやつなんだろうと、ありがとうって何回もいいました。

実はお誕生日プレゼントは、私が前から欲しいといっているものがあったので
一緒に見に行って決めよう、って約束していたんで当日はプレゼント無しでした。
でも物でのプレゼントなんかとは比べられない、心がこもったこのもてなしで
私は500%くらいHappyでした。

アンちゃんに「今まで生きてきた中で一番感動してうれしかった誕生日だった」といったら
アンちゃんも満足そうでした。本気でそう思いました。

それと同時に、自分が30歳になったことがいまだに信じられません。
どんな30代になるのか、とっても楽しみです♪
[PR]
by billyboo | 2007-02-19 08:12 | 育児

日焼け止めの効果

私、ずーっと日焼け止めって「気休め程度の効果」しかないと
勝手に思ってました。
っていうのは、日焼け止めしてても日に焼けてるから。

だからなんとなく、適当につけてる感じで「絶対日焼けを予防しよう!」って意気込みでは
あまり塗ったことがないです。
とくにオーストラリアの日焼け止めクリームとか、なんとなく
「これホントに効いてるのかいな?」っていつも疑いながらつけてます。

でも、今日、その効果をようやく感じることができました。

昨日、友達と蟹採りに行って来たんですが、途中で砂に車のタイヤが埋まってしまい
数時間、炎天下の中、脱出サバイバル作戦を展開してました。
本当にラッキーなことになんとか脱出することができ、家に着いた頃にはみんな肌が真っ赤になってました。みんなそれでも日焼け止め塗ってるんですよね。
ほら、やっぱりたいして効いてない、と思ってました。
私も自分でぬれる範囲の場所だけ、適当に塗っておしまいにしてました。

そして今日、目が覚めると背中が痛い!
ベッドの上でゴロゴロするだけでヒリヒリして泣きそうでした。
そういえば背中には日焼け止めを塗らなかったなぁーと、洗面所で鏡を見ると・・・

うわー!!!!!
背中が大変なことになってました。
昨日着ていたブラの後とシャツの後がくっきり!!!
まだシャツを着ているかのようにくっきり。

そしてよ~く見てみると、腕の部分だけまばらに焼けてました。
なんでだろ??と考えてみたら、そういえば手の届く範囲だけは
日焼け止めクリームを塗ったんでした。
そこはさすがに痛くなく、やけどしている様子はなし。
一目瞭然の写真はこちら↓
f0020703_17222241.jpg

肩の部分から二の腕付近は焼けてません。
背中はばっちり、やけど状態です。

日焼け止めクリームってちゃんと効果あるんだな~って
初めて実感した瞬間でした。
これからは絶対しっかり面倒くさがらずに塗ることにします。
オーストラリアの日差しは本気で危ないですからね。
[PR]
by billyboo | 2007-02-18 17:06 | おもしろ発見

Beer

最近嗜好が変わりました。
最近というより、ブルームに着てからなんですが
ものすごくビールが好きになりました。

お酒を飲むのは日本にいるときから普通に好きでした。
でも雰囲気で飲むタイプだったので「飲みに行く」というシチュエーションでない限り
飲むことはなかったんです。
お酒を買って家で飲んだりすることもなく、出かけない限り飲むことはありませんでした。

しかーし!
ブルームに着てから変わりました。
仕事が終わるとボトルショップにドライブスルーして買って帰ります。
お気に入りはCoronaです。
(日本のコンビニでCoronaを買うと、搾ったライムの小袋が着いてくるんですよね。
アンちゃんが感激しました。痒いところに手が届く日本文化、万歳)
仕事が終わった後の1杯(や2杯?)がもーびっくりするほどうまい!
ぐーっと飲み干しちゃうくらいです。

たぶんこれって気候のせいではないか?と思います。
とにかく毎日コノヤローってくらい暑いんです。
今は一番暑い時期(湿気もすごい)ので、ビールがいけるんですよね。

暑いといえば、私の肌が日に日に、日に日にというより
月月、年々、黒さが増してきてます。
もともと焼けやすい体質です。
小学校の時に夏休み明けの「クロンボ大賞」(誰が一番日焼けしてるかを競う)
で賞をもらったことがあります。(うれしくね~)
それでも日本にいるときは、四季があるので冬になればそれでも白くなってました。

でもここじゃあ、1年中半そで。
肌がさめる時がないです。この肌色、日本人じゃないです。
暑い国のアジア出身度100%です。
ここまでくると自分の「地色」がわかりません。
この間選んだファンデーションも日本では売られていない濃さ(涙)でした。

一刻も早く過ごしやすい季節になってもらいたいものです。
ってその季節が来ると仕事がますます忙しくなるんだよなぁ~涙
[PR]
by billyboo | 2007-02-15 20:36 | 育児

Valentine's day

とくにアンちゃんに何かを用意してあったわけでもなく
とりあえず2人とも仕事はちょうどお休みだったので
どこかにお食事にでもでかければいいかな・・・くらいに構えてました。

10時ころ目が覚めたアンちゃん。
なんだかちょっとそわそわしてるような、落ち着かない雰囲気。
昨夜、プレゼントのことを聞かれたので「何にも買ってないから期待しないで」っていっておいたのに、今朝になって同じ事をまた聞いてきたり・・・。
どうしたんだろう?と思っていると、改まった顔で私に近づいてきました。

そして、「ウィットネス(証人)が3匹いるから・・・」と私の周りにいるワンコたちを見ながら突然方ひざをつき、プロポーズをしてきました!!!!!

結婚することは決まっていたんですが、まだ正式にプロポーズを受けていませんでした。
なので婚約指輪もなかったんですが、やっと!もらえました。指輪♪

周りのみんなに「結婚するのになんで婚約指輪してないの?」ってよく言われてました。
アンちゃんにはそれがプレッシャーになったようで、しっかりプロポーズをして指輪を渡さないと、って焦ったみたいです。
それがいつなのか、私にはまったくわからず・・・。
指輪を購入後、ただただひたすら待ってました。

右薬指には昔から指輪をしてますが、左薬指は人生で初!(みんなそうですよね?)
なんか慣れなくって違和感ありますが、なんかとってもうれしい感覚です。
アンちゃんは、指輪をつけた私の手をまじまじと見つめて
「あぁ、これで正式にbillybooは僕のフィアンセになったんだねぇ。」って何回も何回も言ってました。それを聞いていたら私もジワジワと結婚する実感がわいてきて、指輪をはめるって思ってたより大事だなぁなんて思いました。

もらった指輪はこんな感じ・・・。
f0020703_187496.jpg

って選んだの私なんですが。笑

f0020703_18151436.jpgウェディングリングと重ねてつけたときに邪魔にならないデザインがよかったので、細めでストレートのライン、が私のこだわりでした。
アンちゃんのこだわりは「ダイヤがはいってるの(婚約指輪だから)」ってことで
選ばれたのはこれでした。
小さなダイヤが一周してるフルエタニィティって呼ばれるやつです。

これをしながらレストランにでも~って流れだったらロマンティックなんですが
午後から友達7人で連れ立って魚釣りに行きました。汗

夕方5時に出発して、目的地に着いたのは8時頃。
もう半分暗くて地平線だけが真っ黄色になってました。
今回の場所は広大な草原の中にある川?というのか湖のような穏やかな場所。
そこにたどり着くまでの、ただっぴろい大草原の道もない道(わだちに沿って進むだけ)
が意外に魚釣りより楽しいのです。
サファリパークもびっくり!な迫力で野生の牛(デカイっ!)が何十頭も道端でお出迎えしてます。
私敵にはすごいびっくりな光景なんですが、牛にしてみたら、平穏な土地に何かが現れた!(うちらの車)って感じで、あっちはあっちで驚きの表情でジィーっと見つけてきます。
大きな牛に動きを止められてジーッとにらまれると、すごい迫力で怖いです。
ここにいる全部の牛が車めがけて襲ってくるんじゃないかって想像するとゾッとしました。
でも牛なんで、車のクラクションを聞くとびっくりして逃げ出すんですよね。
大慌てで逃げ出す牛ちゃんたち。かわいいもんでした。

牛がいるからだと思うんですが、何個かゲートがあって、手であけて、車を通してからまた鍵を閉めてってのを3回ほど繰り返し、目的地に着きました。
周りには本気でなんにもありません。こんなとこで車が止まっちゃったらどうするんだろう?
考えちゃいけないことを考えて怖くなりました。
でもお友達は慣れてるんですよね。
牛の大群にも、この広野にも、まったく物怖じしません。
牛で興奮してるのは私のみ・・・。私まだまだ日本人だなぁ~。

結局魚は一匹も連れず・・・
だけど夜空がすっごくきれいで満天の星。満天の星というより天の川が四本くらい流れてました。そしてアンちゃんと同時に流れ星を見て叫んだりして、ちょっとロマンティックな夜でもありました。

本当はキャンプをするつもりで着たんですが、なかなか魚も連れないし
泊まらないで戻ろう、ってことになり夜中の2時、車を走らせると、夕方見た牛達が全然見当たりません。
夜になると寝る場所があるのかな?なんて思っていると・・・
車のライトに何か大きなものが動く影・・・

近くまで運転して行ってみると、なんと夕方いた牛達の大群!!!(30頭は軽くいた)
それもすごい勢いで車の前を走って横断してる!!!!
一緒に車に乗ってた友達が「踏み切りで電車待ってるみたい」っていってたけど
ほんとすごい速さで30頭以上ものデカイ牛が目の前を走ってるってすごい異常な光景。
(真っ暗ですよ。車のライトがなかったら)
ライトに照らされてる牛は見えるんですが、それ以外は青く光る目しか見えません。
でもすっごいいっぱい「青い目」が見えるんですよ!
一体何匹いたんだろう・・・。
こんな光景滅多に見れないんだから、写真とかビデオとか撮りたかったのに
こういうときに限って必ずバッテリーがなくって撮影できなかったりする。涙

もう一度、牛の大群を撮りに行くためだけに、あそこに行きたい。
それほど奇妙な光景でした。
その「牛の草原」にはいる入り口で、白い大きな牛が一匹死んでました。
数週間前からそこにあるようでスッゴク痩せてぺちゃんこになりそうな死体でした。
アンちゃん兄は「1週間前に来たとき、まだフレッシュだった。」といってました。
当たり前ですが、誰かが来て死体を処理するわけでもないので
ただ骨が砂になって風に吹かれてなくなるまでそこにあるんでしょうね。
なんだかもの悲しいものを感じました。

次の日、朝起きて車を見たらこんな汚れてました!
f0020703_2112810.jpg

(今日16日ですがいまだにこのままです。汗)

平凡なヴァレンタインデーではありませんでしたが、想い出に残る一日でした。
[PR]
by billyboo | 2007-02-14 18:03

Matso's

今日はお仕事お休みだったので、外でランチでも・・・と思いどこがいいかなぁ~と考えた結果、クリスマスの時エナからもらったお食事券(Matso'sという自家製ビールが飲めるレストラン)をまだ使ってなかったことを思い出しました。
f0020703_11381232.jpg

生の文字がトレードマークなこのレストラン、昔、日本人の松本さんという一家がお店をやっていたそうで、そこから名前がつけられているそうです。(お店の中にもMatsumoto storeと書かれた古い看板が飾られています)お店の雰囲気がとてもいい感じなので、私は好きなんですが、イマイチ「美味しい!」と思えるメニューに出会えたことがないのが難点・・・。

でもメニューもシェフも入れ替わるんだし、何度も試して美味しいものを探そうと
今回も意気込んでいきました。

今回頼んだのはこちら。
前菜としてWild mushroom
f0020703_11391318.jpg

いろんな種類のきのこがバター風味で味付けされてました。
しめじが入っていたのが感動。ブルームで売ってるのみたことないです。
でもなんか足りない・・・塩をいっぱい振りかけて食べました。

Thai seafood salad(私が注文)
f0020703_11395885.jpg

う~ん!これは美味しかった!
その時私が食べたかったテイストそのままでした。さっぱりでヘルシー。
これを食べたい理由でもう一回足を運べる味!と思ったんだけど
これなら家で作れる(笑)ごめん、シェフ。
新しい家でのメニューが増えました。

Garlic squid pasta(アンちゃん注文)
f0020703_11405855.jpg

これもなかなか美味しかったです。

このお店のオススメはなんといっても自家製ビール。
今回はHit The Toad Lager / Monsoonal blonde / Sows Ear Vienna Lager / Ginger Beerの4種類がおいてありました。
お店には飲んだビールの銘柄とキャラクターのかかれたTシャツ、ビールホルダー、キャップなんかも売っていて観光できた人にはいいおみやげになります。
(うちの両親が着たら連れて行ってあげよ~)

さて、お店から盗んできた新レシピをみなさんにおすそわけ。
100%確実なレシピではないですが同じ味が作れると思います。

★Billyboo流Thai seafood salad★
材料

(サラダに混ぜるもの)
・茹でたえび
・茹でたイカ
・調理したムラサキ貝
・白身魚を小さく切って揚げたもの
・ミニトマト
・レタス
・薄くスライスしたニンジン
・春雨
(レタスやニンジンはスーパーで売ってるサラダミックスを使えば
わざわざ切らなくてもいいし楽ですね)

(ソース)
・フィッシュソース
・スライスしたにんにく
・細かく切ったチリ

これをぜーんぶ混ぜて、上から白ゴマをかけ、レモン一個を4分の1づつに切って
サラダと一緒に盛り付けます。

これで出来上がり~。
私も今日、同じ味になるか試しに作ってみる予定です。

シーフードが嫌いな人は、短冊切りしたビーフや鶏肉なんかでも代用できますね。
好きな野菜もいっぱい入れてダイエットしてる人もたくさん食べれると思います。
メインな味はフィッシュソースなのでフィッシュソースが苦手な人はあまり好まれないかもしれません。

Matso's Broome Brewery
60 Hamersley Street Broome
[PR]
by billyboo | 2007-02-07 11:36 | ブルーム

赤ちゃん日記

つい最近、チャイルドケアで勤めているKちゃんからステキなプレゼントをもらいました。
これです。↓
f0020703_9583748.jpg

My baby's Journal(赤ちゃん記録日誌)

赤ちゃんの育児記録を事細かぁ~くつづることができる
赤ちゃんの育児日記帳です。
・・・って、Billybooさんいつのまに妊娠?!って思われた方もいると思いますが
まだです。(笑)

でも、私も今月で30歳になるわけだし、このジャーナルを使う日も
そんなに先の話ではない、・・・と思いたいです。

Kちゃん、去年のクリスマスプレゼントにはウェディングアルバム
そして「Billyboo ちゃんにあげたくって・・・」と今度はジャーナル。
私の未来を先取りしてプレゼントしてくれる(笑)
私のことを、私以上にいろいろ楽しみにしていてくれるかわいい人です。

Kちゃんがこれを買うきっかけになったのが
チャイルドケアに子供用の本を売りに業者が来るようで、そこでこれを見つけたそうです。
Kちゃんが私にプレゼントしてくれる以前に、彼女はこのジャーナルのことを話してました。
「すごい細かいことまでつづれる、いい育児記録日記がある!」って興奮して言ってました。

そのジャーナル、細かく見ていってみると・・・
まずは外見。
f0020703_1011588.jpg

黄色い布地に赤字で「My baby's Journal」って書いてあるのがかわいくて私をそそります。
そいて写真や立体的なもの(赤ちゃんの手首、あれ?足首かな?につける名前のタグとか)を貼り付けてジャーナルが膨らんでもOKなように、ちゃんと周りにゴムがついています。

そしてバインダーのように仕切りがついていて(章っていうのかな)
「妊娠がわかった時期」から「1歳になるまで」が細かく分かれています。
赤ちゃんが生まれてからの記録でなく、妊娠した時期からの記録ってのが
なんかいいと思いませんか?
妊娠した時の気持ちから、妊娠している自分だけでなく、パートナー(旦那さん)の気持ちを書くコーナーもしっかりあります。ここが「妊娠さんだけの日誌」だけでない夫婦ふたりのための日誌になってるところがさすがです。
そして、このジャーナル、妊婦さんの記録のためだけでなく「いつか子供が大きくなった時、プレゼントしてあげる」ことを前提に作られているため、文章が「あなたを妊娠した時の気持ち」「あなたが動いた時の気持ち」などYouという単語が使われてます。

とにかくとっても細かくつづれるジャーナルです。
たとえば
「あなたが初めて目にしたもの」とか
「初めて握ったもの」
「初めて興味を持ったおもちゃ」
「初めてのスマイル」
こんな感じで項目がいっぱいあります。
出産時のお母さん側のストーリー、その時のお父さん側のストーリー
そんなことをつづるページや、気になっている名前を書くページ
もらったプレゼントや誰が祝福しにきてくれたかを書くページ
f0020703_10294387.jpg

こんな感じで手形、足型を記録するページ、毎章ごとに写真を貼るページ(青いブツブツシールは写真を貼るものです)や
f0020703_10313432.jpg

こんな感じでステキな写真や詩も書かれていたりします。
ほんとに手にとって見てもらいたいくらい、ものすごくいいものが凝縮されたジャーナルです。
私、こういうの作るの大好きなので赤ちゃんができたらすごくはまりそうです。

このジャーナルをもらう前から、いつか自分の子供ができたら
日記帳を作っていろんな記録を記そう、って思ってました。
アンちゃんのお母さんがアンちゃん弟の21歳の誕生日の日に、自分で作ったんであろうジャーナルをプレゼントしてました。
気の早い話ですが、文房具屋さんに行くといつもそれようのいいノートがないか探してました。
でもほとんど、写真とか貼ったら分厚くなってしまって爆発しちゃうな・・・って代物ばかり。

そんな中、Kちゃんのジャーナル話で「そういうの探してたっ!」といったら
やさしいKちゃん、わざわざ私のための注文してくれて、プレゼントしてくれたんです。
絶対、絶対、大切にいーっぱいいーっぱい書き込もうと思います。
きれいに使うというより、なんでもいっぱい書いたり貼ったりして
子供がプレゼントされた時に楽しめるものにしたいと思います。

私も欲しい!と思う方、オーストラリア内でどこで手に入るかわかりませんが
(大きな書店とかにありそうですが)ネットでも帰るようなので(でもイギリスからの輸入になると思います)HPを載せておきます。よろしかったら参考にしてみてくださいね。
ここの書店のジャーナルやダイアリーは写真もきれいでステキです。
My Dog's journal」ってのもあってビリーを飼ったときに欲しかったなぁと思いました。

Ryland Peters & Small
http://rylandpeters.com
[PR]
by billyboo | 2007-02-06 10:56