<< 頼まれ物 次回の帰国へ向けて・・・ >>

Sentosa Fishing Charters

7月21日はアンちゃんの弟の誕生日でした。
21歳のお誕生日ということで、彼の好きな魚釣りを企画し
Sentosa Fishing Chartersという会社の釣りツアーにいってきました。

弟の友達、両親、会社のみんなを含め計13人で参加。
朝6時、職場であるホテル集合で朝ごはん。7時にお迎えのバスに乗り込み、運転手に「ボトルショップが開けんじゃないか?!?!」といわれるほどのアルコールを持ち込んでいざ出発。

5分ほどで目的地のビーチへ到着。朝7時頃のビーチはこんな感じです。
f0020703_14521066.jpg

遠くに見えるボートは、私たちが今回乗るような魚釣りツアーの他の会社のボートや、個人で持ってるボートやその他、ツアー関係のボートが待ち構えています。
f0020703_14543619.jpg
お迎えにきてくれたバスからおりて、小さなボートに乗り込んで、遠くにある大きめのボートまで連れて行ってもらい、メインのボートに乗り込みます。今日私たちのお世話をしてくれるお兄さんたちから注意事項などを聞きながらボートは出発しました。

朝早いということもあって、ボートの上は風がつめたく、さむがりの私はジャンパー+マフラー姿でした。しかし、オージーたちは違う!若さからなのか?シングレット1枚で全然平気。そしてこの陽気さ。(笑)
f0020703_1521563.jpg

30分か40分ほどで魚がつれるであろうポイントに到着し、みんな一斉に釣りポジション確保!
釣竿も全部レンタルで、釣り糸が切れたり、トラブルがあるとお兄さんたちがささっと来て助けてくれます。魚釣り好きでもエサつけるのがイヤ!っていう女の子でも、このお兄さんたちがいれば何でもしてくれます。(このツアーにはたくましい女性ばかりで、お兄さん活躍の場が少なかったです。笑)

さすがツアーなだけあって、個人で行くより釣れ率が高いっ!
あっという間に「あ!釣れた!!」「あ、私もっ!」という声が続々とあがりました。そうなると「釣れた」ということよりも「釣った魚の大きさ」をみな気にしだして「俺のほうがデカイ」だの、「俺のほうが幅がある」(←笑)だの男性陣は大きさ比べが始まっちゃってました。(どうして男っていつもそうなんでしょうか?)

魚を釣っている最中、かなりの近距離でクジラが見れました!それも数回!
何回も顔を見せてくれ手も振ってくれてました。感動・・・
あまりの近さにみんな一瞬無言・・・。感動しまくりでした。
昔、パースでホエールウォッチングツアーに行ったときは、こんな近くで見れませんでした。
それも一回だけ、遠くのほうで「あれがクジラ??」って感じだったので今回はおまけでホエールウォッチングまでできちゃいました。(写真が撮れなくて残念!!)

そんな中、私も魚釣っちゃいました!!!!
それもこの間Port Smithで釣ったサメよりも数倍大きい魚です。
この写真をみれば(見にくいかな?)さおのしなりで重さがわかるでしょうか?
f0020703_1516353.jpg
取っ手の部分がわきの下にきちゃうほど重たくて引っ張る力が強いんです。
こんなに大きな魚、釣ったことがないのでうまくルアーが巻けません。私の弱そうな巻き具合を見てお兄さんが駆けつけてくれてアドバイスをくれます。(写真の隣はお兄さん)
私も負けず嫌いで、どうしても自分の力で釣り上げたくてがんばりました。お兄さんはわかっているので余分な手助けはせず、アドバイスだけくれます。そして釣り上げた後、(ここからは私どうしていいかわかりません。汗)お兄さんがすかさず竿から魚をはずしてくれて「ここ持って」と渡され写真撮影。(段取りがとってもいいです。笑)

みんなに「Billybooの体の半分あるね!!」といわれた魚がこちら。↓
f0020703_1539770.jpg

この写真を見てわかる通り、こんなに大きな魚を釣ってても、周りはそれよりもデカイ魚を釣ってやろうとみんな海を見る目が真剣。私の写真撮影なんかどうでもいい様子。一番最初に魚を釣り上げた人だけでしょうか。みんなに写真撮影されていたのは・・・。(笑)それほどいっぱい釣れました。

とりあえず今夜のBBQ のために確保した魚たちはこれ。
f0020703_15474426.jpg
もっといっぱい釣れたんですが、サイズが基準よりすこし小さかったりすると逃がしてあげなくてはいけないので半分くらい海に返されました。

ボートに乗ってからふと気がついて気になっていたんですが、コレ。↓f0020703_15512217.jpgボートで貸してくれるビアホルダーなんですが、全部に「Takashi」って書いてあるんですよね。
不思議に思ってお兄さんに聞いてみると、なんとこのボートの名前がTakashiなんだそうです!帰りに小さいボートに乗り込んでら、そこにもTender To Takashiの文字が・・・。

f0020703_16123086.jpg
乗ってるお兄さんの片方が日本人とアボリジニのハーフだそうで(見た感じ全然わかりません。)お父さんが和歌山から来た方だそうです。どうりで私の名前を覚えるのが早いな~と思いました。自己紹介されたとき、お兄さん自分の名前を「コニチ」って言ってました。私は最初日本語で「コンニチワ」を言われるたのかと思い、アンちゃんは「彼は日本人だ。だってコニチって名前だし、コニチって日本名でしょ?コニチワ~。」とか言ってたので「コニチ」なんて日本名ないよ、(笑)って否定したんです。もしかしたら彼の名前は「コウイチ」ではないかなぁ~と今になって思います。

魚釣りツアーは3時で終了。
バスに乗ってホテルで一時解散し、帰宅してシャワーを浴びて、朝早かったので少し昼寝しました。夕方6時にまたホテルに戻り、今度は釣ってきた魚をBBQにしました。
小さな魚たちはキッチンでシェフに調理してもらいこんな感じで登場。↓
f0020703_16264760.jpg

蒸されていてドレッシングのようなソースがかかっていてとってもおいしかったです。
数時間前に釣ったばかりの新鮮です。おいしいはずですよね。

21歳おめでとうの大きなケーキを食べ、遅くまで飲んで楽しみました。
弟、おめでとう!! 

最後にみんなでボートの上で撮った記念写真です。楽しい一日でした。
f0020703_16364677.jpg



Sentosa Fishing Charters HP
[PR]
by billyboo | 2006-07-21 14:35 | ブルーム
<< 頼まれ物 次回の帰国へ向けて・・・ >>